京都府京丹波町

2015年ラーメン216杯目(今年1回目 通算3回目)

 
この日はお昼から京丹波町での予定が入っていました。時間も中途半端な始まりだったので、先にお昼を取ってしまおうと久しぶりに道の駅マーケスに寄ってみることに。

京都縦貫道が丹波から和知まで繋がってからはあまり利用することが無くなってしまいましたが、以前は北部方面の帰りにはかなりの頻度で寄っていた所です。

今回はその中のフードコートにあるこちらのお店へ行くことにしました。

 

揚記らぁめん

20150924-01
前回訪問したのは2年半以上前のようで、かなり久しぶり。時刻は12時半過ぎでしたが、思った程混んではいませんでした。

では、看板下にあるメニューの確認をします。

 

以前よりメニューが少し減っている印象

20150924-07
ラーメンの種類に関しては以前と変わらない数でしたが、以前あった「味噌」や「つけ麺」などが無くなっている様です。”丹波色”を出したメニューは以前からありましたが、今回も「黒」や「きのこ」などがそれに該当するのかな?

ただ、セットメニューは以前より若干少なくなっており、めんたい温玉ご飯と半チャーハンのセットのみとなっています。

今回はひとつ気になったラーメンがあったので、そちらを選択しセットでめんたい温玉ご飯も付ける事にしました。待つ事4分ほどで番号を呼ばれました。

 

丹波黒ラーメン

20150924-02
フチが大きな赤く派手めの丼にラーメンは盛られていますが、量的には見ためからも少なめ。具材はネギ、ミンチ肉とシンプルなので600円という価格になっているのかも。

 

坦々麺風を演出する?ミンチ肉

20150924-03
メニュー下にある説明には”担々麺風に仕上げました”とあり、恐らくこのミンチ肉がその演出をしているのかと。量的には少なめですが、風味が強めのように思えました。

 

麺は良い印象、スープは真っ黒

20150924-04
麺は細めでプツッとした食感。茹で加減も思ったほど柔らかくは無く、自家製麺を歌っているだけあり、これは良い印象。

スープはまた説明にありますが、黒豆黄粉、黒ゴマ、黒酢を使用していると書かれており、「お疲れ気味のお客様に役立つ」とのこと。確かにきな粉、ゴマ、酢と体には良さそうです。

上澄みはやや黄色っぽくなっていますが、中はかなり真っ黒なスープで、少し物足りなさも。ベースは鶏なのかな?

 

めんたい温玉ごはん

20150924-0520150924-06
セットで食べためんたい温玉ごはんです。ご飯の上に刻み海苔、ネギが載せられ、さらにその上に明太子(マヨネーズ和え?)と温玉がトッピング。明太子はチューブっぽい感じはしますが、温玉を潰して食べると良い感じに。少し醤油をかけても良かったかな?

 

もう少し見ためが良ければ

今回食べた「丹波黒ラーメン」。価格は600円と安いですが、具材は少なく量的にもちょっと物足りなさも。担々麺風にしたためか見ためもあまり良くないように思えました。

デフォの「とりとんこつ」のように味玉、チャーシュー、メンマなどが入っているほうが見ためも良くなりそうですが、価格が上がってしまうのかな?また、近くに来た時はデフォを食べてみようと思います。


スポンサーリンク

お気に入り度:★★★☆☆(3.0)

 

伏見のラーメン店データ

—————————————————————————
住所   :京都府船井郡京丹波町須知小字色紙田3-5
電話   :0771-82-3180
営業時間 :10:00~20:00
定休日  :無休
Webサイト:
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。


おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA