京都市北区

2015年ラーメン255杯目(今年1回目 通算1回目)

 
この日は珍しく北区での仕事。「とうひち」にも久しぶりに行けるかな?と思っていましたが、終了したのが15時前。営業時間には間に合いませんでした。。。というか定休日でした(笑)

こんな事態も予測していたので、今回はこのツイートを見ていたため、こちらのお店へ向ってみる事にしました。

 

つるかめ 北大路

20151111-01
こちらのお店は今年の8月末にオープンしたようで、まだ2ヶ月ちょいほど経ったところです。お店外に券売機が置いてあり、奥に長い作りになっていました。一番奥が厨房のようで、2階に上がれる階段もありましたが、2階席あるのかどうかは不明。

では、券売機のほうでメニューを確認しておきます。

 

一乗寺のお店と同じ雰囲気

20151111-02
メニューは一乗寺のお店と同じような雰囲気で、ラーメンは魚介醤油と旨辛の2種類。つけ麺は魚介醤油、旨辛、西京味噌の3種は同じ印象。それ以外には限定などの酒粕などもされていました。

セットのほうはチキン南蛮、唐揚げ、ギョーザの3つがあり、相棒のご飯ものはライス、玉子かけ、チャーシュー丼との組み合わせが選べます(価格は変わります)。

しかし、今回は先程のツイートにあった「あっさり魚介醤油らぁめん」狙いでしたので、そのボタンをポチッ。時刻は15時過ぎの入店で先客1名の後客1名。券を渡して10分ほどでラーメンの到着です。

 

あっさり魚介醤油らぁめん(大盛)

20151111-03
具材はチャーシュー、ネギ、海苔、穂先メンマ、カイワレ?で口径はやや小さめで深さのある丼での提供です。

 

チャーシューはやはり。。

20151111-04
チャーシューはレアっぽく赤めですが、スープに浸かっているとスグに変色します。薄めにスライスされ赤身脂身のバランスはいいのですが、どうにも食感が好みではありません。

一乗寺のお店でラーメンを食べた時もチャーシューがもうひとつの印象でしたが、どうも私にはこちらのチャーシューは合わない様です。

 

麺は太めの平打ち、スープは出汁感があり旨味もしっかり

20151111-05
麺は太めの平打ちで、モチッとした食感もあり全粒粉仕様なのか中に粒も見えます。麺量は同料金で(小)100g(味玉付きます)、(並)150g、(大)200gから選択出来、大だとまずまず食べ応えもあります。

スープのベースは鶏ガラ主体のように思いますが、魚介の出汁がしっかりと効いており、あっさりながらしっかりとした旨味を感じます。

 

この日だけの限定ラーメン

今回食べた”あっさり魚介醤油らぁめん”。この日だけの限定でしたが、名前どおりあっさりしながらもしっかりと出汁の旨味があるラーメンは最近の私の嗜好にはぴったりの一杯でした。これは1日限定では無く、レギュラー化してもらいたいぐらいかもしれません。

次にここへ来たら”酒粕”を食べてみたいですが、販売されている間に来れるかな??

 


スポンサーリンク

 

お気に入り度:★★★☆☆(3.5)

伏見のラーメン店データ

—————————————————————————
住所   :京都市北区小山下内河原町49-2
電話   :075-493-5266
営業時間 :11:30~23:00
定休日  :無休
Webサイト:
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。


おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA