京都府南丹市

2016年ラーメン80杯目(今年1回目 通算7回目)

 
この日は朝イチで大津市のほうでの仕事を終えた後、そのまま丹波町まで移動。そちらでの作業は難航するかと思いましたが、あっさりと解決。お昼前だったので、ちょっと山を越えて園部まで行き、久しぶりにこちらのお店へ向かうことにしました。

 

一喜蔵

20150904-01
(昨年9月の外観画像です)

前回訪問したのは昨年の9月。なかなか来ることが少ない地区なので、久しぶりとなりました。時刻は11時半前。お店前を通ってみるとまだ開いてなかったので、しばし別の場所で待機。

11時半ちょうどになったので向かってみると開いていたためお店前に駐車。どうやらポール入店のようです。しかし後客4名とお昼前でしたが、パラパラとお客は入って来ました。

 

通常メニューは変わっていないですが

通常のメニューは半年ほど前と変わっていない様子。ラーメンのほうは、和風豚骨のこくまろとこく黒。それから濃厚豚骨の濃厚コッテリラーメンとなっています。サイドにはおかかごはん、ネギ塩チャーシュー丼、和風チャーハンも変わらず。しかしメニュー裏面を見てみると”こく赤”の他に担々麺もあるようです(正に裏メニュー)。

20160408-0120160408-02

今回は裏メニューの担々麺も非常に気にはなったのですが、前回訪問時に食べようと決めていた「濃厚コッテリラーメン」を選択。店の準備などがまだ残っていたためか、12分とちょっと時間がかかっての到着です。

 

濃厚コッテリラーメン

デフォと同じく黄色っぽい見ためです。具材はチャーシュー、白ネギ、糸唐辛子、ネギ、モヤシとなっておりモヤシはやや高めに盛られています。

20160408-03

 

ホロホロと柔らかいチャーシュー

チャーシューは以前と比べるとやや赤みがかっていますが、レアという感じではありません。厚さも割とありますが、ホロホロと柔らかく旨い。1枚しか無いので、食べ応えはもうひとつですが、メニューにチャーシュートッピング1枚120円とあったので、次回はやってみようかと。

20160408-04

 

食感の良い極細麺、スープは和風出汁では無くニンニク+背脂

麺は粒の見える極細。以前の私は太麺が圧倒的に好みだったのですが、ここの細麺を食べてから細麺も良いなあと思い始めたような記憶も。プツッと切れる歯切れの良い食感です。

20160408-05

スープはデフォの場合、豚骨+和風出汁のようですが、こちらの濃厚は豚骨+ニンニク+背脂とメニューに書かれています。ニンニクの風味は弱めで食べている最中はあまり感じません。やや塩気のあるスープに背脂が浮いており、濃厚とのことですが思ったほど濃くはありません。

 

少し高めに盛られたモヤシは食べ応えを

モヤシは少し高めに盛られており、これが食べ応え感を少し出しています。表の看板には”園部で一番高いタワー”??的なことが書いてあったような(笑)

20160408-06

 

今もワンオペなんでしょうか??

今回食べた濃厚コッテリラーメン。個人的には思ったほど濃くは無く、割とスルスルと食べられてしまいました。しかしデフォの和風豚骨と比べると私的には和風のほうが好みかな。和風のほうが複雑な旨味があるように感じてしまいました。

あと気になったのは、店主さんのオペレーション。初めて行った時からおひとりでされていたので、前回訪問した時にかなり動きが早くなっておられるなあと思っていました。今回も確かに早いのですが、やや調理器具の扱いなどが乱暴な感じな気が(気にならない人は気にならないかと思いますが)してしまいました。

しょっちゅう行けるお店では無いのでわかりませんが、今もワンオペなのでしょうか?(訪問時もお一人でしたが、他の時間帯はどうなのかわかりません)そろそろ人を雇われてもいいのでは?とも思いましたが、おせっかいでした(笑)


スポンサーリンク


スポンサーリンク

お気に入り度:★★★☆☆(3.5)

 

伏見のラーメン店データ

このお店の過去の訪問履歴はコチラ
—————————————————————————
住所   :京都府南丹市園部町美園町4号16-59
電話   :080-6127-1930
営業時間 :11:30~14:00 18:00~21:00
定休日  :第2週の月・火曜日、第4週の月・火曜日
Webサイト:http://www.ikkizou.com/
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。


おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA