滋賀県大津市

2016年ラーメン263杯目(今年2回目 通算2回目)

 
この日は昼過ぎより所用のため振休取得。前日に行列で諦めたフカクサ製麺に再度行ってみようと思い、昼営業終了ギリギリでしたが向かってみると、なんと「本日は終わりました」とのこと。。。入口付近にはまだ待っている人もいましたが、この人たちで昼営業はどうやら終了のようです。隙間から中の様子をちょっと伺いましたが良く見えず(笑)ただ店主さんのいつもの「ありがとうございました!」と言う声だけは聞こえて来ました。

残念ですが、終了したものはどうしようも無いので諦め、滋賀方面へ向かうことに。さてどうしようかな?と考えながら下道を走っているとここが目に入ったので寄ってみることに。

 

大津 魂心家

20161028-01
(オープン日に訪問した時の外観画像です)

時刻は15時を少し回った頃。入店してみると先客ボチボチ、後客ボチボチと変な時間帯なので空いている印象です。では券売機でメニューを確認します。

 

基本的にはラーメンとつけ麺の2本柱

オープン日に訪問した時はサービスでワンコインのためか醤油と塩のみの提供でしたが、今回は味噌もあります。ラーメンはトッピングで価格が変わり、ラーメン(塩、醤油、味噌から選択)、631ラーメン、味玉ラーメン、野菜ラーメン、のりスペシャルラーメン、ネギラーメン、炙りチャーシューメン、旨辛らーめんなっています。

20161116-01

つけ麺は魂心、ゆず魂心、旨辛となっていますが、こちらのお店ではあまりつけ麺がピンと来ないのは気のせい?サイドにはチャーシュー丼、ねぎ丼、チャーマヨ丼となっています。

では、今回は一番気になった「631ラーメン」を注文することに。18時まで大盛も無料なのでそれもお願いし、好みは「メンカタアジコイメアブラオオメ」で注文。味、脂はすべてMAXで一度試してみることにしました。待つこと6分ほどでラーメンの到着です。

 

631ラーメン(大盛 メンカタアジコイメアブラオオメ)

631はもちろん、海苔6枚、チャーシュー3枚、味玉1個のこと。具材は前述通りチャーシュー、海苔、味玉の他にうずら、ほうれん草となっており、海苔のインパクトのためか豪華に見えます。

20161116-02

 

チャーシューはまずまずの食べ応え

チャーシューは巻きバラ状のものが3枚。脂身部分も結構ありますが、ホロホロと崩れそうなタイプでは無く、割としっかりめの食感。グリルした様な網目が入っていますが、香ばしさはそれほどありません。

20161116-03

 

太め平たく短い麺、スープは味噌の風味がしっかりだが

麺はやや太めで平たく、少しゴワつきのあるタイプ。長さも短く家系らしい?麺かと。

20161116-04

スープは味噌を選択しましたが、風味はしっかりとします。しかしアジコイメにしたためか、私にはちょっとしょっぱ過ぎたので、味噌の場合は普通で良かったかな?

 

トッピング類

チャーシュー以外のトッピングは海苔、ほうれん草、ウズラの卵、味玉です。

20161116-0520161116-06

海苔はこれだけあると何となく豪華な感じを受けます。無料のご飯をこの海苔で巻きながら食べました。ほうれん草はいつも通り特にいりません。味玉は半熟具合も良く、味もしっかり染みています。

 

卓上の調味料など

卓上には刻み生姜、豆板醤、にんにくが置かれています。にんにくしか使用しませんでしたが、この系統のスープには合いますね。

20161116-07

 

ライスに合うラーメン

今回食べた631ラーメン(味噌)。なかなか具材も豊富で豪華に見え、実際食べ応えもありました。ただ、味噌の場合は個人的にアジコイメはしないほうが良いかな(醤油と塩はまた試してみます)。18時まで大盛も無料でさらにライスも無料。このラーメンはライスに合うタイプだと思うので、無料なのは非常にありがたい。コスパも良く通し営業、ちょっと”まくり券”でも集めてみるかな(笑)


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

お気に入り度:★★★☆☆(3.5)
 

伏見のラーメン店データ

—————————————————————————
住所   :滋賀県大津市馬場3-16-50
電話   :077-526-3122
営業時間 :11:00~翌4:00
定休日  :
Webサイト:http://www.konshinya.com/index.html
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。


おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA