滋賀県草津市

2017年ラーメン14杯目(今年2回目 通算13回目)

 
この日は休日。嫁さんを病院へ送り、診察終了後に子供が「ラーメン食べたい」と言うので近くにあるこちらへ向かうことにしました。

 

十二分屋 草津店

20161029-01
(昨年10月の外観画像です)

最近訪問率が高いこちらのお店。やっぱり店内が広いのと通し営業、それから駐車場も共用のものがあるのがありがたい。時間帯によってはゆっくり出来るので、ホントはビールでも飲みながらの訪問といきたいところなんですが(笑)

では時刻は11時40分過ぎとお昼にはちょっと早めの時間。しかしテーブル席と座敷席はほとんど埋まっており、かろうじてテーブル席がひとつだけ空いていました。ただ対照的にカウンター席は誰もいないという状況はやはり休日のためでしょうか。しかしこの後も来客が多数あり、カウンター席も埋まっていったのでほぼ満席に。では食べるメニューは決まっていましたが、一応これを確認します。

 

4周年記念限定メニュー

1週間ほど前にも食べた4周年記念限定メニューです。前回は上の「アラクレ醤油」を食べたので、今回はもちろん「名もなき醤油」を選択。待つこと7分ほどでラーメンの到着です。

20170114-01

 

名もなき醤油(大盛)

具材は比較的シンプルでチャーシュー、白ネギ、穂先メンマ、蟹爪となっており、醤油という割には見た目は塩ラーメンのように見えました。

20170121-01

 

いつもよりやや硬めの食感のチャーシュー

チャーシューは大きめのサイズのものが2枚。赤身と脂身のバランスも良いですが、食感はいつもよりやや硬めの印象でしょうか。臭みなどは全く感じませんでした。

20170121-02

 

麺は細くプツッ切れる歯切れの良さあり、スープは透き通ったあっさり醤油

麺は細麺でプツッとした歯切れの良さがあるタイプで、何も指定していないですがややカタメに茹でられています。スープはメニューを見ると薄口醤油を使用されているとのことなので、塩スープのような色合いになっているのかも。出汁は貝やカニからも抽出され、表面に浮いた油は鶏のようです。あっさりながら、じんわりと旨みを感じるスープでした。

20170121-03

 

蟹爪も

彩のひとつとして蟹爪も入っています。身はあまりありませんが、蟹の風味を楽しむことができますね。

20170121-04

 

出汁感のある透き通った醤油ラーメン

今回食べた名もなき醤油。薄口醤油を使用した透き通ったスープは海系のものから抽出した出汁の旨みがじんわりとあり、表面に浮いた油で風味と油感を出している一杯でした。最近こんな感じの醤油ラーメンが好みですが、麺はもうちょっと違うタイプで試してみたい気も。このあたりは個人の好みの問題なので難しいとは思いますが。。。

私的には塩元帥や先日食べたコムギノキラメキのようなのが好みなので、そんな感じの麺で食べたらどうなるのかな??でもちょっとこのスープには強いかもしれませんね。(終わりなき醤油やアラクレ醤油ならイケそうですが)次はつけ麺が再度食べたくなってきたので、つけ麺を食べてみようかな。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 
お気に入り度:★★★☆☆(3.8)

伏見のラーメン店データ

このお店の過去の訪問履歴はコチラ

—————————————————————————
住所   :滋賀県草津市追分南4-5-7
電話   :077-598-1100
営業時間 :11:00~22:00(L.O 22:00)
定休日  :火曜日
Webサイト:
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。

 
「京都 ラーメン」で検索してみる

 


おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA