奈良県奈良市

2017年ラーメン18杯目(今年1回目 通算1回目)

 
この日は朝から奈良へ行く予定だったのですが、ボーっとしていたのか普通に京都に出社。出社後気づいて急いで奈良へ(笑)取り敢えず遅れることなく到着出来ました。奈良での予定もお昼を回った頃には終了し、昼食は気になっていたお店へ向かうことに。今回はこちらへ初めて訪問してみました。

 

麺屋 龍

昨年12月にオープンしたお店のようで、気にはなっていたのですが、なかなか奈良市へ来る用事が無く、行けずじまい。。しかし今回は訪問する機会が出来たので寄ってみることにしました。時刻は13時半頃。お店はかなり狭くカウンター席が6席ぐらいでしょうか。先客が4名様御一行で奥の席が空いていたので着席。その前に外にある券売機でメニューを確認・購入します。

20170125-01

 

ラーメンはほぼ1種類?

ラーメンは「鶏濃厚麺」と「特製鶏濃厚麺」の二つのようですが、どちらも”鶏濃厚”が付いているので基本的にはほぼ1種類でしょうか。定食には唐揚げとのセットがあり、サイドには玉子かけごはんがありました。他にはトッピング類となっています。

20170125-02

デフォと特製の違いが良く分からないですが、写真を見た限りでは具材などは同じように見えたので今回は「鶏濃厚麺」にして唐揚げとの定食のボタンをポチッ。この日同行したU君が特製を注文しており、スープに何か脂っぽいものが浮いていたと話ていたので、バターか何かがトッピングされているのかな?では券を渡して6分ほどでラーメンの到着です。

 

鶏濃厚麺

白い器に色合いも良く、なかなか綺麗な見た目。具材はチャーシュー、ネギ、ほうれん草、メンマ、唐辛子となっており、スープは黄色っぽく見えます。

20170125-03

 

なかなか良い印象の鶏チャーシュー

チャーシューは鶏でまわりが炙ってあるので香ばしさもしっかりとありました。食感は柔らかで味付けはそれほど濃くありません。ただ枚数が2枚で小さいため食べ応えは無いです。チャーシューメンや肉増しの設定は無かったかと。

20170125-04

 

麺は太く平たい形状、スープは濃厚さのある鶏白湯

麺は太く平たい形状をしており、モチっとした食感も。スープとも馴染んでいる印象ですが、替玉は139円(税別)とやや高め。スープは口のまわりがテカテカになるタイプの鶏白湯。濃厚さはありますが、クドさなどは全く感じません。塩気の塩梅もなかなか良いように思えましたが、どこかで食べたことがあるような風味かな。

20170125-05

 

唐揚げもまずまず旨し

唐揚げはコロモは薄めで色も白っぽく見えました。サクッとした食感とジューシーさもありまずまず旨い唐揚げかと。

20170125-06

 

まとまった感じの一杯

今回食べた鶏濃厚麺。見た目もなかなか綺麗でスープの塩気の塩梅も良く、麺やチャーシューなども良い印象で新店ながらなかなかまとまったように思える一杯でした。

ただちょっと気になったのは小さめの寸胴にスープと思われる塊をナイロン袋から搾りだし、火にかけて温められていたので「業務用スープ?」とも思いましたが、店が狭いので他の場所で作り袋に詰められているのかな?その辺りは良く分かりませんでしたが、私的にはこんな感じも嫌いではないのでどっちでもいいです(笑)

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

お気に入り度:★★★☆☆(3.4)
 

伏見のラーメン店データ

—————————————————————————
住所   :奈良県奈良市油坂地方町11 上原梅月堂ビル1F
電話   :0742-23-6065
営業時間 :11:00~翌3:30(L.O.3:00)
定休日  :
Webサイト:http://sinkowa.jp/ryu/
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。


おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA