富山県富山市

2012年91杯目 (今年1回目 通算1回目)

 
この日はいつもの万里さんと富山方面へ出張となりました。もちろん日帰りです(笑)現地には夕方からの作業となるので、京都をお昼前に出発。富山インターで降りて、昼食を取ることにしました。

 
富山に来たんで当然のように、あの「富山ブラック」のお店を選択。今回はコチラに訪問してみました。

 

西町大喜 二口店

ウィキってみると古くから「大喜」というお店があり、2000年頃に企業が屋号を買い取り、「西町大喜」としてチェーン展開されたとのこと。以前の「大喜」の暖簾分け店はまだあるようです。

富山ブラックといえば個人的には、京都の拉麺小路で食べた「いろは」だけですが、真っ黒なスープになかなか良い印象がありました。今回は本場で頂けるので楽しみです。こちらの店舗は駐車場もかなり広く、店内の座席数も結構ありました。時間帯も遅いので先客2名の後客ゼロ。メニューは壁に掛けられています。

 

メニュー

メニューは至ってシンプルです。並が700円、大で1000円、特大は1400円と高めの設定。サイドもチャーシューメンマぐらいで、あとはごはんと生たまごです。今回はこちらを注文してみました。

 

中華そば小(並)700円 + ごはん150円

まさに「ブラック」と呼ばれるようにふさわしく真っ黒です。粗く切られたネギにブラックペッパーも。

 

チャーシュー

肉質は硬くは無く、味は濃くなかったように思います。

 

麺とスープ

麺は中太ぐらいでしょうか。デフォでカタメで提供されるようです。スープは真っ黒で、これは醤油の黒さ。かなり醤油辛いです。。生卵を入れればこの醤油辛さも和らぐ感じでしょうか。

なんと言っても今回ドギモを抜かれたのはメンマ。この塩辛さはハンパじゃありません。一応全部食べましたが、この塩気はちょっと。。。メンマ食べた後、チャーシューの味などは消し飛んでました。。。

 

店内

店内は綺麗で席数も豊富ですね。

 
スープの黒さに関しては新福菜館で慣れているので、それほどインパクトは感じませんでしたが、スープの醤油辛さと特にメンマの塩気は正直キツいです。。。ごはんのおかずとしてのラーメンなのでしょうが、個人的にこのメンマはダメでした。。メンマ一本でご飯1杯は軽くいけそうなぐらいです。

ちなみに同行した万里さんは「塩辛すぎる!」と言って相当不評でした。彼はラーメン食べる時に白いご飯は付けないのですが、初めてラーメンライスにしてしまったぐらい辛かったようです(笑)

ちょっと不完全燃焼気味ですが、今日の現場の魚津市に向いますか。。。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 
お気に入り度:★★☆☆☆(2.5)

——————————————————————————–
住所   :富山県富山市根塚町3-9-10
電話   :076-420-2644
営業時間 :11:00~21:00
定休日  :無休
Webサイト:
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。


おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA