京都市右京区

2017年ラーメン53杯目(今年1回目 通算6回目)

 
この日は右京区の現場。もっと簡単に終わるかと考えていたが、意外に時間がかかってしまいました。帰り道に久しぶりにあそこに行ってみようと思い、ちょっと離れた所にある専用駐車場に停め向かったのはコチラでした。

 

熟成細麺 宝屋 西小路五条店

時刻は14時ちょっと前。入店してみると先客7名の後客2名。ほとんどがテーブル席客でカウンター席には1名のみ。では一人だったのでカウンター席に着席してメニューを確認します。

 

変わらないメニュー

メニュー表自体は変わってはいますが、内容は以前から変わらない様に思います。

基本のラーメンと宝ラーメン(恐らく基本に味玉半個プラス)、そして宝チャーシューメン、トロ肉チャーシューメンの4種類。セットも豊富で唐揚げ、餃子、焼きめし、玉子かけ、チャー丼など。今回はなんと無く単品で食べたいと思ったので、トロ肉チャーシューメンを大盛で注文。待つこと8分ほどでラーメンの到着です。

 

トロ肉チャーシューメン(大盛)

到着時に感じたのはチャーシューメンにしてはちょっと見た目は寂しいなでした。具材はチャーシュー、ネギ、メンマとシンプルで細かい背脂がびっしりと浮いています。

 

チャーシューメンとしては少ないと思ったが

見ただけでは少ない様に見えますが、かなり薄くカットされた柔らかなチャーシューが重なる様に固めて置かれていたのでこの様な見た目。枚数にして13枚前後はあったので食べ応えもなかなかありました。熱で温まると、まさにトロ肉といった感じです。

 

麺は少し柔らかい細麺、スープは時折食べたくなる背脂醤油

麺は以前もそうでしたが、何も指定しなければ少し柔らかい細麺。今回も指定を忘れてしまったのですが、前ほど柔らかい感じではありません。スープは細かい背脂がびっしりと浮いた背脂醤油。塩気はやや強めに感じますが、時折無性に食べたくなります。

 

見た目も大事かも

今回食べたトロ肉チャーシューメン。到着時はこれがチャーシューメンと思ってしまったのは正直なところ。しかし実際に食べてみると極薄で熱でトロッとするチャーシューが13枚前後もあり食べ応えもありました。最初から全部に熱が通らない様にこんな形で並べられているのかどうかは不明。食べる側の好みにもよるとは思いますが、私的にはチャーシューメンなら豪華そうな見た目も大事かも。でもここのラーメンは好きなんで、このお店が残ってくれているのはホントにありがたい。また訪問しようと思います。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

お気に入り度:★★★☆☆(3.7)

 

このお店の過去の訪問履歴はコチラ
—————————————————————————
住所   :京都市右京区西院西溝崎町33−1
電話   :075-315-0811
営業時間 :[月・火・木~土]11:30~15:00 17:30~23:00 [日・祝]11:30~22:00
定休日  :水曜日
Webサイト:
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。


おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA