京都市左京区

2017年ラーメン63杯目(今年1回目 通算1回目)

 
この日は午前より上桂のほうの現場に入っていました。そちらでは少し時間がかかり終了したのは14時半。それから奈良に向かう予定でしたが急遽一度会社に戻り、北区の方へ行くことに…北区の現場にはちょっと早めの到着となったので気になっていたお店で遅いお昼を取ることにしました。向かったのはこちらのお店です。

 

めんや龍神

昨年の10月ぐらいにオープンしたお店で、行ったみたいなと思いつつ半年が経過してしまいました。この場所は以前、京唐というお店で一度だけ訪問した記憶も。時刻は15時半を回った頃。入店してみると先客ゼロの後客4名の家族連れ。カウンターは以前の京唐の時と変わっていない感じでちょっと変わった配置。テーブル席も複数あり、店内は落ち着いた雰囲気。

 

ラーメンの基本は3種

入って右手に券売機があるので先に券を購入します。カウンター上にもメニューが置いてありラーメンは3種記載されています。屋号の入った龍神そば、中華そば、そしてコッテリ系と思われる超こくどろ鶏豚そばと言う構成。これ以外に限定もあったのですが、何か忘れてしまいました…

では初訪問なので今回は龍神そばを選択。時間も遅いお昼なので単品でお願いしました。待つこと7分ほどでラーメンの到着です。

 

龍神そば

黒い丼に白いスープが映えます。具材はチャーシュー2種、ネギ、ほうれん草などで何やら香辛料っぽいのもかけられています。

 

チャーシューは2種類

チャーシューは2種類載っており、メニューには豚バラ炙りとバラ先軟骨と書かれています。炙りの方は2枚で食感も柔らかで食べ応えもまずまず。軟骨はかなりの柔らかさで味もしっかりと染みています。2種類のチャーシューが楽しめるのは良いですね。

 

プリモチ食感の麺、クリーミーな感じもあるスープ

麺は少し縮れも入ったタイプでプリモチした食感。スープは鶏豚骨のようですが、クリーミーな感じがして、塩気、脂感などは優しい印象。

 

食べる人によって評価は変わりそう

今回食べた龍神そば。鶏豚骨スープは塩気や脂感も優しくクリーミーさのあるタイプで人によっては物足らないと言う人もいるかも。食べる人によって評価が変わりそうに思えた一杯かと。個人的にはこのスープのクリーミーなところとペッパー系のピリッとした刺激が良く旨いと思えました。残りのふたつの内、やはり中華そばが気になるのでまた訪問してみようと思います。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 
お気に入り度:★★★☆☆(3.4)

伏見のラーメン店データ

—————————————————————————
住所   :京都市左京区下鴨西半木町88
電話   :不明
営業時間 :11:00~23:00
定休日  :火曜日
Webサイト:
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。


おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA