京都市伏見区

2017年ラーメン90杯目(今年4回目 通算43回目)

 
この日は所用のため振休を午後より取得。滋賀に向かう前にこちらでお昼を食べることにしました。と言うのも何日か前から夏期限定メニューを販売開始された情報を得ていたからです。退社してお店まで向かうと14時15分頃の入店。では夏季メニューを確認します。

 

夏期限定メニュー

夏期限定メニューは3種類。サバ醤油つけ麺、冷やし担々麺、そして夜のみの提供となる冷やし油そば。今回頼むメニューはサバ醤油つけ麺と決めていたので(大)で注文。待つこと10分ほどでつけ麺の到着です。

 

サバ醤油つけ麺(大)

先に麺が到着し、その後スグにつけ汁も到着。具材は麺側に載っており、色合いもなかなか綺麗な印象です。

 

つけ汁

つけ汁には具材は入っておらずネギのみ。ただ花かつおの様な(サバ節?)ものは入っていました。鰹とはまた違った感じで魚介の風味はしっかり。あっさりではありますが、暑い夏の時期には良い具合にハマりそうです。つけ汁の温め直しと味が薄くなった場合は足すことも出来ますと店主さんは仰っていましたが、私は最後まであまり薄いとは感じませんでした。

 

色合いの良い具材

具材はチャーシュー、メンマ、カイワレ、スライスレモンとなっており、味玉まで載せると色合いも良くなります。チャーシューはやや赤く冷たかったので、個人的にはつけ汁に浸けてから食べるのが良い塩梅になり、味付けは薄めの印象。ただ暑い時はこの冷たさも良いかもしれません。

 

つけ麺としては少し細めの平打ち

つけ麺としては少し細めに感じる平打ち麺。〆られているため強めの食感がありますが、つけ汁との相性も暑い時に食べることを考えると良いかと。麺量は大で260gとなっており個人的には少な目に感じました。

 

スープ割も頂く

スープ割も頂きました。鰹出汁の様でこれを全部入れるとちょっと薄まるのでチビチビと試しながら投入。つけ麺食べた後はやはりこれかな。

 

暑い夏には良さそうなつけ麺

今回食べたサバ醤油つけ麺。魚介の風味がガッツリ効いており、醤油もしっかりと感じられますが割とアッサリ目でサッパリと食べることが出来ました。これからの暑い夏にはよさそうなつけ麺ですね。量も今の季節では少なめとも感じましたが、暑くて食欲が落ちる時などはこのくらいでも私には十分なのかもしれません。本格的に暑くなる前に色々と試行錯誤される気もしますね(勝手な想像ですが)。
 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 
お気に入り度:★★★☆☆(3.7)

伏見のラーメン店データ

このお店の過去の訪問履歴はコチラ

—————————————————————————
住所   :京都市伏見区深草泓ノ壺町11-9 第二池田ハイツ1F
電話   :不明
営業時間 :11:30~14:30 18:00~22:00
定休日  :木曜日、第1日曜日
Webサイト:
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。


おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA