滋賀県草津市

2017年スイーツ6軒目(今年1回目 通算1回目)

 
土曜日は恒例となっている生餃子を買いに行くことにしていますが、その帰りにちょっと甘い物でもと思いこちらへ寄ってみることにしました。

 

うばがもちや 本店

うばがもちやの本店で草津の名物である「うばがもち」を販売しているお店です。恐らく小さい頃に一度は食べてはいるとは思うのですが、記憶に無いので今回「うばがもち」を買って帰ることにしました。お店前に駐車場もあるので気軽に寄ることが出来ます。では一番小さなサイズかと思われる12粒入り(500円)を購入。家に戻り早速開封してみます。

 

うばがもちの由来

箱を開けてみるとまずこのうばがもちの由来が書かれた紙が入っています。うばがもちとは「姥(乳母)が餅」とも書くんですね。

 

6粒が基本?

小さなサイズの餅が6粒づつで包装されており、これが基本の数の様に思えます。食べるためのヘラの様なものも付いています。

 

うばがもち

ひとつは2㎝くらいの小さなサイズで外側はサラッとした口当たりの漉し餡で中にはモチが入っています。上部には白いものがちょこんと載せられており、これは白餡と山芋の練り切りというものだそうです。

 

素朴な草津名物

今回食べたうばがもち。ずっと前からうばがもちの名前は知っており、子供の時にも食べたことがあるかもしれませんが、こうしてしっかりと食べたのはこれが初めてかもしれません。甘みもそれほど強く無くシンプルな見ため。素朴な草津の名物ですが、400年以上前より変わらず残っているのはこの”素朴さ”も大きな要因なのかも。また食べたくなったら寄ってみようと思います。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 
お気に入り度:★★★☆☆(3.3)
 

—————————————————————————
住所   :滋賀県草津市大路二丁目13番19号
電話   :077-566-2580
営業時間 :9:00~19:00(土日祭8:00~20:00)
定休日  :なし
Webサイト:http://www.ubagamochiya.jp/
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。


おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA