京都府南丹市

2014年ラーメン103杯目(今年2回目 通算2回目)

 

この日は京都府中部の和知町での仕事。経費削減のため京都縦貫道も千代川ICで出て、9号線を北上。途中にあるこちらで昼食を取ることにしました。

 

一喜蔵

20140521-00
前回訪問してからまだ1ヶ月経っていないですが、2回目の訪問となりました。時刻は13時半頃。早速店内に入ってみると先客は4名の後客ゼロ。少し前まで連続してお客が来たのか、すべての席に空になったどんぶりが置かれていました。

店主さんお一人でされているので、恐らく片付ける暇も無いくらいに、連続してお客が来たのでしょうね。。奥のほうのカウンター席に着席し、しばらくすると片付けて頂きました。

では、メニューの確認ですが、前回訪問時と内容に変更はありません。

和風豚骨で「こくまろ」と「こく黒」。そして裏メニューとしての「こく赤」。サイドには「ねぎ塩チャーシュー丼」、「上質おかかご飯」、裏メニューの「〆のおじや」などなど。チャーシュー丼は残念ながら売り切れのようです。

ということで、前回はデフォのこくまろを食べたので、”にんにく香る”とは書かれていますが、順番に食べようと思ったので、こちらを注文してみました。少し時間がかかっての到着です。

 

特製 和風豚骨 こく黒

20140521-01
具材は前回食べた「こくまろ」と変わらず、チャーシュー、白青ネギ、味玉、糸唐がらしで、色合いはなかなかいい感じです。ただ、黒い液体もたっぷりと浮いています。

 

チャーシュー

20140521-02
チャーシューは赤身中心ですが、ホロホロタイプの柔らかいもので、食べ応えはまずまず。

 

麺とスープ

20140521-03
麺は全粒粉を使用なのか黒い粒が見える極細麺。量はちょっと少なめ。

スープのベースは「こくまろ」と同じだと思いますが、黒いマー油のようなものが注がれています。「にんにく香る」とメニューに書かれてはいますが、個人的に感じたのはニンニクの風味はそれほど強くないというところ。

また、以前は少し塩加減が強めに感じたのですが、今回はそんな風には感じませんでした。色々と微調整されているのかな??

 

味玉

20140521-04
味玉の味付けは薄め。半熟具合は好みですが少し大人しい、主張しない味玉の印象です。

 

上質おかかごはん

20140521-05
前回はサイドw注文しなかったので、今回はしてみました。「ねぎ塩チャシュー丼」は売り切れだったので、これを注文してみました。

鰹節がタップリでいわゆる「ネコまんま」。別添で醤油の入った小皿も付いて来て、さらに西洋わさび??らしきものも添えられています。

 

替玉

20140521-06
最近、食欲も増えて来たのか、ラーメン+サイドではもの足らなく、今回も替玉もしてみました。

前回とやはり同じ印象で、麺自体の太さは変わらないですが、縮れが強いように思います。

 

少し遠い割には2回目の訪問

2番目に食べてみた「こく黒」。イメージとしてはデフォのラーメンに、マー油をプラスされた様な感じ。しかしメニューに「にんにく香る」と書かれてはいますが、ニンニクの風味自体はまさに「香る」程度。それほど強くは感じません。個人的にはもう少し強くてもいいかもしれません。

こちらのお店は園部町と京都市内からはちょっと遠い。しかし早々に2回目の訪問となったので、自分自身でも気に入っているのでしょうね。

また、訪問する機会も訪れると思いますので、次は裏メニューの「こく赤」を試してみようと思います。

 


 

お気に入り度:★★★☆☆(3.6)

 

このお店の過去の訪問履歴はコチラ
—————————————————————————
住所   :京都府南丹市園部町美園町4号16-59
電話   :080-6127-1930
営業時間 :11:30~14:00 18:00~21:00
定休日  :第2週の月・火曜日、第4週の月・火曜日
Webサイト:http://www.ikkizou.com/
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。


おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA