【まとめ】チャーハンを気に入ったお店

2019年5月12日まとめ記事チャーハン

今回は「チャーハンを気に入ったお店」をテーマにいくつかお店をピックアップしてみました。

 
以前ならラーメンのサイドとして必ずと言って良いほど付けていた「チャーハン(焼飯含む)」。最近はラーメン単品で食べることが多くなったので注文する機会が少なくなってきましたが、サイドメニューとしては王道の一品かと思います。今回は過去にチャーハンを食べたお店の中で個人的に気に入ったお店をご紹介しようと思います。

 

チェーン店で気に入ったお店

東近江塩元帥
  塩焼き飯

現在チェーン店の中では私的に一番好きな「塩元帥」の滋賀県東近江市にあるお店です。デフォの焼き飯も好きな方ですが、ここで食べた塩焼き飯の方が断然好みでした。チャーシューなどの具材もしっかりと入っており、米の食感も良くパラッとした焼き飯です。ただ、この塩焼き飯が食べられるお店は限定されており(記事記載時点で現在は不明)、この時のメニューには竜王、長浜、岐阜、東近江、豊岡、総社、倉敷、津山、明石店と書かれていました。

※塩焼き飯を食べた時の記事はこちら

.

ラーメン藤 石山店
  焼めし

滋賀県大津市の石山駅の近くにあるラーメン藤の石山店です。15時までされているお昼のサービスメニューのラーメン&焼めしでセットになっていた焼めしで、最初は水分が多いかな?と思いましたが、時間が経ってくると丁度いい塩梅に変化。また特徴的なのは玉子がタップリと入っているところ。

※焼めしを食べた時の記事はこちら

 

現存する最古のお店のチャーハン

大貫 本店
  やきめし(ミニ)

兵庫県尼崎市にある大正元年に創業というかなり古いお店でこちらのラーメンは「現存する中では最古の中華そば」とも呼ばれています。そのお店で提供されているのがこの「やきめし」。価格はミニでも結構しますが、量はミニでは無く普通にありました。また具材に海老なども入っている、少し贅沢なやきめしかと。

※やきめし(ミニ)を食べた時の記事はこちら

 

個人のお店で気に入ったチャーハン

ラーメン本気
  チャーハン

滋賀県彦根市にあるチャンポンで人気のお店でそちらのセットメニューで頂いたチャーハンです。ネギなどの緑色が無いので少し見ためは何ですが、米が一粒一粒分離しており、パラッと感がかなり良く米自体も柔らか。味付けはそれほど濃く無くチャンポンとの相性なども考えられているのかもしれません。

※チャーハンを食べた時の記事はこちら

.

麺屋 龍玄
  ヤキメシ

京都市左京区にあるお店で新福菜館出身の方がされているお店です。ラーメンはやはり新福出身とあり真っ黒なスープの中華そば。新福というと真っ黒なヤキメシも定番ですが、こちらのヤキメシもやはり黒いです。今回はセットでいただきましたが、セットでも量はあり味付けもしっかり。久しく本店で食べてはいないので現在はどうなのかは不明ですが、遠い昔に食べた記憶と比べるとこちらの方が好みに思えます。

※ヤキメシを食べた時の記事はこちら

.

ラーメンたぬき屋
  炒飯

京都市伏見区にあり個人的にかなり訪問回数の多いお店です。麺に関してはまぜそばが一番好きなのですが、こちらの炒飯もかなり好きなタイプです。いつもセットで注文するのですが、セットながら量も多く米の柔らかさやパラッとした感じが非常に良くチャーシューなどの具材もタップリ。お店でもこれ単品で食べている人を何度か見かけたことがあるぐらい好きな人もいる様です。ただ味付けはやや甘めに感じるので好き嫌いは分かれるかもしれません。

※ヤキメシを食べた時の記事はこちら

 

チャーハンを気に入ったお店

今回はチャーハンが良いとお店をご紹介しましたが、ラーメン+チャーハンで炭水化物+炭水化物なんですよね(笑)でもこの組み合わせは非常に魅力的で止められない要素があります。個人的には最近はサイドはやめてラーメン単品で食べるようにしていますが、今回紹介したお店に行った時はやはり注文してしまうだろうと思われます。やっぱりラーメン+チャーハンは王道の組み合わせですね。

  


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

2019年5月12日まとめ記事チャーハン

Posted by masa