ラー麺 陽はまた昇る - 試作のつけ麺を頂く

2016年10月8日京都市伏見区陽はまた昇る, つけ麺, 唐揚げ, 過去記事

 
京都市伏見区

2013年94杯目(今年4回目 通算6回目)

 
先週末のお話です。この日は社内にて準備作業。13時も過ぎたのでいつもの万里さんとお昼を取りに行く事に。

近所の「大河」が1周年企画をされていたので、向ってみましたが、お店前に列が出来ていました。。時間が読めないので、残念ですが今回は諦め、最近良く訪問しているこちらに行ってみました。

 
なお、今回の記事は諸事情があって写真は載せてません。

 
店内に入ると、先客3名で1名がちょうど帰るところで後客はゼロ。

何にしようか考えてると、店主さんのほうから、「つけ麺の試作が1食だけなら出来ますが。。」とのお言葉。つけ麺が販売されていなかったのを残念がってたので、店主さんが気をきかせてくれたのかと思いますが、お忙しい中、申し訳ございませんでした。。。

つけ麺の試作は色んな人に食べてもらって、意見を聞かれているようです。では、頂いたつけ麺を文章のみで。

 

麺と具材

麺はラーメンの麺より少し太く、ツルっしており、食感も良く、個人的にはかなり好きな麺です。

具材はラーメンにも使用されている、味玉およびメンマ。その他には短くカットされたカイワレと糸とうがらし、そして最大の特徴は辛い肉味噌がかけられていました。味玉の黄色、カイワレの緑、肉味噌と糸唐がらしの赤と、色合いはかなり綺麗な印象ですが、あの鮮やかなレアチャーシューは入っていません。肉味噌にはピリッとした辛さがあり、少しずつ麺に絡めて食べるようです。ぱっと見ではまぜそばのような感じもします。

 

つけ汁

こちらのラーメンの塩を基本にされてるように思いますが、最初、個人的には少し弱めに感じました。これは、このところ他のお店で濃厚魚介のつけ汁に、慣れてしまっていたからかもしれません。

ただこのつけ汁、肉味噌が絡んだ麺を浸けて行くと、だんだん味が濃くなり変化して行きます。もしかしてこれが店主さんの狙いでしょうか??つけ汁は小さい土鍋のような容器でしっかり温められているので、かなり冷めにくいですが、最後のほうはやはり冷めました。

 

試作のつけ麺を頂く

今回頂いた試作のつけ麺。

見た目はかなり綺麗で、肉味噌が載っており、まぜそばのような雰囲気を持っていました。つけ汁のほうは最初は弱めに感じましたが、麺を浸ける度に味が変化。これもあまり他では見ないかな。

店主さんに聞くと今の所、6月から販売される予定との事ですが、つけ汁の部分で好みが分かれそうな気がしました。でもこうやって実際に食べてみると、かなり試行錯誤されたように思えます。

 
では、やはり写真無しでは寂しいので、この時一緒に食べた唐揚げを。

20130524-01

なんかだんだん大きくなって来てるような気がします。ジューシィでかなり好みの唐揚げ。万里さんもお気に入りですが1個頂きました(笑)

最後に、つけ麺の試食ありがとうございました。販売開始されてからも試行錯誤の連続でしょうが、これからの変化も楽しみにしております。

お気に入り度:★★★☆☆(3.5)

————————————————————————————–
住所   :京都市伏見区深草柴田屋敷町23-27
電話   :075-642-5705
営業時間 :11:30~14:00 18:00~21:00
定休日  :水曜
Webサイト:
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。

2016年10月8日京都市伏見区陽はまた昇る, つけ麺, 唐揚げ, 過去記事

Posted by masa