京都ラーメン 旭 - 定番のラーメンを提供

2019年3月24日京都府城陽市醤油, チャーシューメン, 京都ラーメン旭

 
京都府城陽市

2017年ラーメン129杯目(今年1回目 通算1回目)

 
この日は昼より奈良にて会議の予定。京奈和に入る前にお昼を取ってしまおうと思い、そう言えば最近城陽に新しいお店が出来たなあと思い出したので寄ってみることにしました。

 

京都ラーメン 旭

こちらは今年の4月の終わり頃にオープンしていたのは知っていたのですが、なかなか行く機会が無くようやくの訪問。時刻は13時半前ぐらいでしたが、入店してみると先客2名の後客ゼロと少なめ。テーブル席が主体の様で6人ぐらい座れるテーブル席がたくさんあります。カウンター席は真ん中あたりに二つの島があり対面式ですが中央は壁で区切られ向こう側は見えない様になっていました。ではカウンター席に着いてメニューを確認します。

 

あの老舗に近いメニューか?

デフォは旭ラーメンの様で、それ以外に味噌、厚切りチャーシューメン、旭特製チャーシューメンの4種類。サイドは焼飯、チャーシュー丼、餃子、唐揚げ、焼豚、焼肉などとなっており、平日限定ですが少しお得なチャーハンのセットも。注意すべきはこれらの価格は税別の様です。

では今回はこれは老舗のアレに似ているなと思った、旭特製チャーシューメンを並でお願い。待つこと5分ほどでラーメンの到着です。

 

旭特製チャーシューメン

老舗とはモチロン第一旭。そのメニューの中でターロー麺に似ているなあと思い注文。やはり見ためも似ており、チャーシューにはタレもかかっています。具材はチャーシュー、ネギ、メンマ、モヤシそれから何やら粉状のものが上から振りかけられています。

 

食べ応えはあるが食感はカタメのチャーシュー

チャーシューは厚めにカットされたものが5枚。なかなか食べ応えはありますが、食感はちょっとカタメで歯ごたえアリ。甘辛いタレがタップリとかけられているのはターロー麺と同じ印象。

 

麺はやや太めでしっかりした食感も、スープは恐らく豚出汁の醤油だと思いますが

麺はやや太めでカタメの茹で加減のためかしっかりした食感もありながらモチッとした感じも。スープは恐らく豚出汁の醤油ベースと思われますが、チャーシューのタレが混ざり甘みが強めに感じます。

 

定番のラーメンを提供

今回食べた旭特製チャーシューメン。チャーシューはやや硬めに感じましたが、麺の茹で加減はなかなかいい具合。スープはチャーシューのタレが溶け込み、イマイチ基本のスープがわかりませんでしたので次はデフォで食べてみようかな?

屋号にに「旭」の文字が入っているので、やはり第一旭系の定番のラーメンを提供されるお店の様です。通し営業と駐車場完備はありがたいので、また訪問する機会はありそうですね。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 
お気に入り度:★★★☆☆(3.2)

 

伏見のラーメン店データ

—————————————————————————
住所   :京都府城陽市平川浜道裏41-1 フジイビル 1F
電話   :0774-52-8115
営業時間 :11:00~23:00
定休日  :
Webサイト:
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。