例年には無いスローペース(笑)2020年に入ってまだ2杯目のラーメンは福門らーめんで定番のセットを

京都市伏見区福門, 鶏豚骨, チャーハン

Place & Number

京都市伏見区

2020年ラーメン2杯目(今年1回目 通算83回目)

今年の初出勤の前に発症してしまったインフルエンザ。非常に熱も高くなってかなりしんどかったのですが、診療所に行って薬を貰い飲んでいると2日目にはもう熱もかなり下がって来ました。ただ、スグには外出することは出来ないので、ようやく今年の初出勤となったのも週末。ロクに飯も食べていなかったのと、ずっと寝ていたためか体力が無い感じが体から伝わって来ます(笑)

溜まっていた仕事を取り敢えず、朝よりどんどん消化して行き、昼飯を食べに行こうと思ったらもう14時半前。。どこに行こうかなあと考えていると、そう言えば年末はちょっと早く休みに入られていたこちらへ向かうことにしました。時刻は14時半過ぎ。入店してみると先客はありませんでしたが、後客は2名。何やらメニュー表が新しくなっています。

 

メニュー表を新しくされました

メニュー表自体を新しくされた様で、以前のも変わってからそんなに時間が経っていなかったと記憶しているのですが。。

変わってはいますが、内容は同じかなと思って、一番オーソドックスな組み合わせでラーメンを注文したのですが、帰ってから写真を見て気付いたのが、ひっそりと書かれていた「みそラーメン」。写真も無く、あまりにもひっそりと書かれていたため、全く気付いていませんでした。。次はこれにしてみようと思います。

 
定食はほぼ変わっておらず、「ロースかつ定食」が新たに追加。よだれ鶏定食は無くなった様ですが、一品料理の方に記載がありますので食べることは出来そうです。

 
単品メニューやアルコールメニューもありので、ラーメンだけでなくここで呑むことも可能。

では、今回はみそラーメンの存在に気付いていなかったので、前述通りにオープン以来ずっと提供されている組み合わせで注文。先にチャーハンが来て、その後にラーメンも到着です。

 

こってりラーメン(並)

いつもならほぼ、大盛にするのですが今回は病み上がりと言うことも考慮して並でお願いしました。前回もこってりを頼んだし、今回は病み上がりやから”あっさり”の方が良さそうにも思えますが、最近はここで食べる時は何故かこってりの方が好みになっているんですよね。。

 
チャーシューは脂身と赤身が半々ぐらいの割合のものが3枚。この形は最近は不動の印象でしょうか。

 
麺は中太もしくは細麺から選択可能ですが、ずっと細麺ばかりだったので久しぶりに”中太”でお願い。しかし細麺よりは太いですが、中太と言う感じでは無いかな。このスープ合うか分かりませんが、もっと太めの麺でも試してみたい気も。

スープは鶏と豚骨、野菜を使用されており、風味的には天一に近いものがあるので鶏が多いのかも。濃すぎない濃厚さ加減が自分にピッタリのスープです。

 
定番のチャーハンです。ここへ来る様になって何度食べたか分からないくらい食べているチャーハン。ややオイリーですがパラッとしており、味付けも好み。量的には少なめなので、一度単品のチャーハンを食べようと思っていたのを思い出しました(笑)

 

何気ない心遣い

食べ終わった頃に大将がそっと持って来られたのがお菓子が一杯詰まった箱。好きなのを取って良いですよとのことでしたので二つほど頂きました。ここへ来るようになって長いですが、こういったことは初めてかも。しかし見たことも無いお菓子ばかりで、恐らく中国のものと思いますが、どれがどんな味がするのか想像もつかないですね~。面白そうですが。

こちらでは大将と多く話すことは無いですが、こんな軽い、何気ない心遣いが自分的には居心地の良さを感じます。夜もアルコール類や一品ものなどもそこそこあるので、近くに住んでいたら今よりも訪問回数が増えるのは間違いないでしょうね。今年もここへは何度も足を運ぶことになるでしょう。

2020年に入ってまだラーメンは2杯目。。ゆっくりとテレビを見ながら食べられるこちらの環境は病み上がりの自分にはピッタリでした。ただ、番組の内容が”煽り運転”やノロノロ走る”逆煽り運転”とか、しょーもない内容だったのが残念でしたが(笑)

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.7

※これらの情報は記載時点のものです。

住所 京都市伏見区深草西浦町4-81 メゾン深草 1F
電話 075-642-3358
営業時間 11:30~15:00 17:00~23:00
定休日 日曜日
Webサイト