この季節にはのど越し良くサラッと食べられるコレ! セブンイレブンの『かつおと昆布の合わせだし麦とろ丼』

コンビニ飯セブンイレブン,麦とろ丼

Place & Number

購入店:セブンイレブン

2022年コンビニ飯17品目

販売地域:埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、近畿

最近の記事は暑いため、冷たいものばかり書いていましたが、今回は冷たくは無いですがサッパリとした感じで体にも良さそうな、これをコンビニで見つけたので食べてみることにしました。

かつおと昆布の合わせだし麦とろ丼

昨年も発売されていたこの商品が2022年7月19日より、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、近畿と割と狭い地域で販売されました。

吉野家でも牛麦とろ丼を今年は食べており、牛肉やオクラ等も載ったちょっと贅沢?なものでした。しかし今回セブンイレブンで発売されたものは、見た感じかなりシンプルな構成。では商品を確認してみます。

 
まず目に付いたのはこの表記。テープで止められたタレは温める前に外しますが、とろろが入った上皿部分を外すのを忘れないように注意します。

 
とろろの入った上皿を取り外すと、ご飯が入った下皿だけになるので、これだけをレンジで温めます。ただ、何も考えていなかったら上皿を付けたまま温めてしまいそうやな(笑)

 
ご飯だけなのでスグに温めも終了。フタを取って確認してみると、そこそこ麦の量もありそうですが、やはり白米の方が多い。白米の方が多く無いと非常に食べにくいですしね。

 
とろろの方は温めも無しで、既に出汁も入っている状態。あおさの風味も良く、出汁もしっかりと効いていますね。ではこれをご飯に載せて完成です。

 

麦とろ丼

タレは全体に馴染ませたかったので、ちょっと雑な感じでかけています(笑)前述どおりに出汁がしっかりと効いたとろろは、ご飯+麦との相性も良く、麦の食感も時折アクセントとなって、なかなか旨い一杯でした。

 
今回はセブンイレブンで販売されていた「麦とろ丼」を食べてみましたが、暑い季節にものど越しも良くサラっと食べられ栄養価も高い一品に思えました。

夏バテの原因のひとつは、暑いので汗をかくことでミネラルやビタミンなどが不足してしまうためとも言われています。しかしとろろや大麦にはビタミン、食物繊維、ミネラルを含んでいるのでピッタリ。夏バテ防止のためにちょこちょこと食べてみようかと思います。
 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

製品データ

販売コンビニセブンイレブン
品 名かつおと昆布の合わせだし麦とろ丼
価 格398円(税抜)
熱量390 kcal

コンビニ飯セブンイレブン,麦とろ丼

Posted by masa