游玄亭 ホテルニューオータニ大阪店 - 高級感のある演出と料理

2018年1月15日焼肉游玄亭,コース料理

 
大阪市中央区

2014年焼肉2軒目(今年1回目 通算1回目)

 
この日は本当は仕事納めの日。しかし私は翌日も出勤予定となっています。数日前に奈良へ行った時にひとりかなりひどい風邪で苦しんでいる人がおり、その時に私にも感染したのか少し体調が悪いです。。

しかし、この日は万里さんが数名の人に御馳走したいとことで、夕方から出かける予定になっていました。仕事も定時きっかりに終了し、会社を出発。京橋の駅についたのは19時前でした。今回のゴチになるお店はこちらです。

 

游玄亭 ホテルニューオータニ大阪店

叙々苑の系列店?のようで、「ホントにこんなところで御馳走になっていいの??」というぐらい高級感が漂っています(笑)お店に入るとまずはハープを引かれているお姉さんがお出迎え。窓際のテーブル席へ案内され、ここからはライトアップされた大阪城が良く見えます。この日は最初4名での予定でしたが、ひとりが病欠で3名となり宴は開始。

20141226-11

 

この日はコースで頂けるようです

この日はコースになっており、どうやら一番高いコース。。。ますます気が引ける感じですが、一応このような形で料理は提供されるようです。

20141226-12

 

ビールやその他アルコール類も揃っているようです

ドリンクメニューの写真はビールのみですが、他に日本酒やワインなど、たくさんあったように記憶しています。今日は水でいいやと思っていたのですが、万里さんが勧めるので2杯だけ頂きました。黒いのはドライのEXゴールドで写真下はサッポロ生ビール(中)です。

20141226-1320141226-1420141226-15

 

オードブルからサラダまで

オードブルは帆立とくらげ?の酢味噌で食感も良く酢味噌も意外に合うんですね。キムチやナムルの盛り合わせも上品な印象。キムチはそれほど辛くはありません。サラダもそんなに好きなほうでは無いのですが、この胡麻風味のドレッシングがかなり旨いです。野菜の苦みなどは一切感じずパリパリと食べられてしまいました。

また、これら以外にはユッケも来るのですが、最初に店員さんより苦手な人は他のお肉に変更できますと聞いたので、私はユッケは辞め、違う肉に変更していもらいました。

20141226-1620141226-1720141226-1820141226-19

 

塩の焼き物盛り合わせ

塩系の焼き物盛り合わせでタンと小ぶりのアワビ、それから蟹となっています。アワビは専用の肝ソースで良い苦みを感じる大人のソースでしょうか。タンと蟹は塩タレで頂きました。タレのほうは3種類あり、向って左が叙々苑のタレ、真ん中は塩タレ、右は辛いタレとなっていました。

20141226-2120141226-22

20141226-2320141226-20

 

サンチュ

これで肉やご飯を包んで食べると良いのでしょうが、そのまま食べたかったのでパスしました。

20141226-24

 

ユッケの代わりの肉

ユッケの代わりに変えてもらった肉です。カルビと何かだったと思うのですが、忘れてしまいました。。他の人はこの量ならユッケのほうがいいかな?っと言っていましたが、私はこちらのほうが断然良かったです。

20141226-25

 

今回のメインでしょうか

恐らくメインと思われる肉の登場です。シャトーブリアンと呼ばれるもののようで、「牛のヒレ肉(テンダーロイン)の中で中央部の最も太い部分のこと(牛1頭からとれるヒレ肉およそ4kgから600グラム程しか取れない)以上ウィキより」という貴重なお肉のようです。

実際に食べてみるとこれがかなりの柔らかさ。ヒレ肉ながら噛み締めた時に脂分がジュワーっと出てくるのはたまりません。。本当はこのまま頂くのでしょうが、これはご飯と食べたいと思い、ご飯が来るのを待ちます。

20141226-2620141226-27

 

ご飯ものとスープもの

ご飯とスープですが、スープはいくつもの種類から選択できます。またご飯ではなく麺も選べるようです。私としては麺にもかなり惹かれますが、やはりこの肉をご飯と食べたいと思ったので、ご飯を選択。またこのご飯がツヤツヤで美味しい。スープはあっさりとしたものにしようとワカメスープにしました。

ご飯到着後、残して置いた肉を載せ一緒に頂きます。上品に食べるのも良いですが、やはり肉はご飯と一緒に食べるのが旨い!

20141226-2820141226-29

 

デザートです

メロンと抹茶のムースのようなものです。メロンは果汁たっぷりで甘みも十分。ムースのほうは甘みが私には強過ぎてダメでした。。この後、コーヒやウーロン茶などを頂いて、コース終了です。

20141226-30

 

高級感のある演出と料理

お店の雰囲気も高級感に溢れ、接客もかなり丁寧にして頂けました。料理のほうも何も言う事はございません(あっ、デザートだけは私的に甘過ぎましたが)

ただ、ちょっと気になったのは料理が出てくるスピードで、かなり遅いように感じました。せっかちなほうなんで、基本的に食事はあまりゆっくりしないほうのため、そのように感じたのかもしれません。ただ、このあたりは店員さんにお願いして出すスピードは早めてもらう事は可能だと思います。

あと、ひとつ残念だったのは自分の体調。時間が経つに連れて、悪くなっている感じでしたので、もっと万全だったらと悔やまれます。いずれにしても今回このような企画を立て、さらに料金もすべて払って頂いた万里さんには感謝以外の言葉もありません。(またこんな企画があったら呼んでくださいね(笑))ありがとうございました!

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 
お気に入り度:★★★☆☆(3.7)

—————————————————————————
住所   :大阪市中央区城見1-4-1 ホテルニューオータニ大阪 3F
電話   :06-6944-8989
営業時間 :11:30~22:00(ラストオーダー) CLOSE 15:00~17:00
定休日  :無休
Webサイト:http://www.jojoen.co.jp/
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。

焼肉游玄亭,コース料理

Posted by masa