自家製ハムとソーセージ LINDENBAUM - 初めてのソーセージ販売店

2018年5月4日食品過去記事, LINDENBAUM

 
京都市左京区

 
実際に食べてから書いてますので、少し記事が前後してます。

お昼に「福門」でラーメンを食べたこの日。夕方から左京区での仕事へ。1時間ほどで作業も終了し、事前に検索していた、こちらのお店へ寄ってみました。

 

自家製ハムとソーセージ LINDENBAUM

外観はパンかスイーツのお店の印象で、中も落ち着いた雰囲気。

20130418-01

 

ショーケース

ショーケースの中には色んなハムやソーセージが陳列。全く分からない(笑)ので、次の2点を購入してみました。

20130418-02

 

ソーセージ

色んなものが試せそうな「ウィンナーバラエティ」と、分かり易い名前の「ハバネロのソーセージ」を選択。

20130418-0320130418-04

お子様向けのバラエティもありましたが、店員さんは辛味のペッパーを取ってあるように仰ってました。

 

調理指南書

袋に一緒に入ってます。正直ソーセージの茹で方知りませんでした。。。

20130418-05

では早速これに従って調理。今回は全てソテーでは無く、ボイルしてみました。

 

ハバネロのソーセージ

指南書どおりお湯が沸騰したら火を停め、ソーセージを投入。6分ほど待つことに。お湯に浸けている間にも脂が浮いてきてます。店員さんが今回買ったソーセージは別鍋で、ボイルしたほうが良いと仰ってたので別鍋で茹でました。

20130418-0620130418-07

色は若干白くなりましたが、皮はパリッとしており脂は多めの印象。辛味のほうはピリっと感はありますが、ハバネロの使用量が少ないのか、それほど辛くはありません。

 

ウィンナーバラエティ

先程のハバネロはお湯に浸けている間はずっと沈んでましたが、こちらの4種はお湯に入れると浮いてました。何か具材か製法が違うのかな??

20130418-0820130418-09

カットした断面図で画像右から一番薄い茶色のは皮はプリプリで、肉質もきめ細かく脂も少なめ。白いのは一番食感は柔らかいです。緑色のものからか変わった風味もしますね。次に濃い茶色のものは脂分が一番多いかな。これもパリッとした食感でビールに合いそう。

最後に一番濃い茶色のもの。皮はこの中で一番厚い印象で、ソーセージらしい感じがします。緑色の粒はグリーンペッパーのようです。

 

その他

こちらではソーセージ以外のパンも売られてました。ひとつひとつは小さい目ですが、丁寧に作られてる印象です。

20130418-10

 

初めてのソーセージ販売店

今まで、たくさんのお店に訪問してきましたが、ソーセージのお店は初めてかもしれません。

ソーセージ自体も個人的には良い印象。他にハムなどもあるようですし、パンやランチボックスも気になるので、機会があればまた訪問してみようと思います。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 
お気に入り度:★★★☆☆(3.4)

—————————————————————————
住所   :京都市左京区丸太町通り川端東入ル東丸太町41-6
電話   :075-751-0786
営業時間 :11:00~19:00
定休日  :無休
Webサイト:
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。

2018年5月4日食品過去記事, LINDENBAUM

Posted by masa