赤から 京都三条河原町店 - 唐辛子だらけの1日

2016年11月5日飲み屋居酒屋,過去記事,赤から京都三条河原町

 
京都市中京区

 
この日の晩は先日、退職された先輩の送別会第2弾。ウチの支店の一部の人たちもやりたいとのことで、今回の第2弾が実現しました。

お店は支店内で行ってみたいと話しがあがっていた、こちらで行うことに。今回も万里さんが幹事役でした(笑)まず夜のこちらへ向かいます。

 

【広告】

川端三条付近

この日は鴨川沿いで何かあるのか、人がたくさんいます。しかも何故か外人さんばかり(笑)

20121012-11

 

赤から 京都三条河原町店

木屋町通から少し西に入ると、こちらのお店がありました。近くには長浜ラーメンの「みよし」があります。

20121012-12

早速店内に入ってみると、1階席と2階席があるようで、2階席の座敷に案内されました。

 

鍋メニュー

これがこちら名物の「赤から鍋」。1人前が千円ぐらいですね。

20121012-13

 
この鍋は辛さを選択することができます。

20121012-14

基本は赤0番から赤10番のようで、HPにもそんな感じで書いてありました。しかしメニューを見て見ると、なんと赤15番と赤20番があるじゃないですか。

今回の会では鍋は全部で3つ。辛さも色々と分けたようです。赤1番の鍋と赤5番の鍋。そして赤10番の鍋にして、辛さに強い弱いでそれぞれの鍋前に着席。

当然私は、「赤10番」の席へ(笑)

 

大根のサラダや揚げ物など

「鍋放題」のセットにしたのですが、鍋の前に一品ものが登場。この大根のサラダ(?)はあっさりして良かったですね。揚げ物類は普通の印象。でも熱々でした。

20121012-1520121012-16

これ以外にも枝豆や鶏皮など、3、4品出てきました。そしてしばらくして、

真打登場。

 

赤から鍋(赤10番)

メニューをもう一度見直すと、一番人気の辛さは「赤3番」なんですね。。。見るからに辛そうな印象。

20121012-17

 
早速、器に取り分けます。

20121012-18

実食してみると、相当な辛さです。もう辛いじゃなく、痛いです(笑)食べている間は終始唇や口が痛いです。

でも不思議と味噌の風味でしょうか?これが後を引く感じで、辛くて痛いのですが、また食べたくなります。普通に美味しく食べるなら、個人的には「赤5番」ぐらいで良いのかもしれませんね。

さらに食べ進むとやはり痛みが持続します。これのせいか酒を注文するペースも早くなっていき、途中、こんなものも注文してみました。

 

ガリガリ君ハイボール

カルピスハイボールの中に、ガリガリ君がダイブしてます(笑)

カルピスハイボールはお酒の味はしなかったですが、冷たいガリガリ君が痛さを一気に取り除いてくれますね。

20121012-19

そして最後の〆へ。ではいつものように。

2012年203杯目(今年1回目 通算1回目)

お気に入り度:★★☆☆☆(2.8)

 

〆のラーメンセット

麺とネギ、メンマのセットとなっています。麺をあの痛い出汁に入れ、しばらく待つと完成。

20121012-20

 

〆ラーメン

色合いはネギの緑が赤色スープに映えます。でもちょっと赤色が強すぎ。。。

20121012-21

 

麺とスープ

麺はまあ、無難な印象。スープは前述のとおりです。。(笑)

20121012-22

 

階段にあったディスプレイ

2階へあがる階段の途中にこんなディスプレイがありました。取り方ミスってしまって、「赤10番」が入ってないですね。ご想像にお任せします(笑)これだけの唐辛子を使っていますということでしょうか??

20121012-23

 

唐辛子だらけの1日

今回の会の主旨は送別会。

この辛い鍋でなんか忘れらていたような。。。でもみんな先輩とも楽しく飲めたのではないでしょうか?また、こんな感じで飲めたらいいですね!

しかし、この日はホントに唐辛子だらけの1日でした(笑)


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 
お気に入り度:★★★☆☆(3.5)

————————————————————————————–
住所   :京都市中京区河原町通三条下る大黒町69
電話   :075-252-7070
営業時間 :17:00~24:00 (LO 23:30)
定休日  :無休
Webサイト:http://www.akakara.jp/
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。