なかなかの旨さ!セブンプレミアム XO醤のうま味 極上炒飯を食べてみた

2019年1月13日食品セブンプレミアム, 炒飯, XO醤

Place & Number

購入店:セブンイレブン

2018年食品7品目

今回は冷凍食品です。最近、コンビニへ入ると何か新しいのが無いか冷凍食品もチェックするようになってしまいました。コンビニの弁当もそうですが、冷凍食品もレンジで温めるだけで手軽に食べられるし、昔と比べると旨くなっている気もします。今回は商品名ですごく気になったこちらです。

 

セブンプレミアム XO醤のうま味 極上炒飯

何と言ってもまず目に入ったのが「極上」と「XO醤」の文字。いつもの様にウィキペディアで調べてみると、1980年代後半に香港で考案されたあわせ調味料と書かれています。

XOとはブランデーの最高の等級を示すエクストラオールド(eXtra Old)からの命名である。あくまで高級感を持たせるための修飾語であり、実際には古く熟成させる工程はない。また、各種素材をブランデーにて加工した醤と思われることがあるがこれも誤解である(但し、風味づけとしてブランデーを使用している製造元もある)。中国語の「醤(ジャン)」はペースト状の調味料のこと。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 
では調理としては温めるだけなので、凍った炒飯を皿に広げてラップをして600Wで4分温めると完成です。

 

完成

具材はそれほど多くはなく、玉子、チャーシュー、ネギといったシンプルな構成。食感はパラッとしていながらも米は柔らかでしっとり感もあります。味付けは濃くありませんが、深い味わいもあり香ばしい感じも。

 

なかなかの旨さ!「極上炒飯」

今回食べたXO醤のうま味 極上炒飯。パラッとしながらも食感はしっとりしており、味付けも濃くは無いですが味わい深い感じと香ばしさもある、なかなかの旨さの炒飯かと。XO醤の代表的な材料は「干しエビ、干し貝柱、金華ハム、生姜、唐辛子、ニンニク、植物油」とウィキペディアには書かれていますが、この商品の原材料を見ていると「にんにく、しょうが、植物油脂、はちみつ、ほたて貝エキス、オイスターソース」など他にもたくさんの調味料が入って(金華ハムは書かれていなかった)いるようなのでこの味が出ているのかもしれません。またこれは買ってみたいと思います。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

製品データ

販売メーカー 株式会社ニチレイフーズ
品 名 セブンプレミアム XO醤のうま味 極上炒飯
価 格(税込) 300円
販売開始日  
調理時間他 電子レンジ 500W 4分40秒 600W 4分
エネルギー・食塩相当量 577kcal 食塩相当量3.6g

 

2019年1月13日食品セブンプレミアム, 炒飯, XO醤

Posted by masa