中華そば専門店 ふくなが またこの場所で食べることが出来るようになった黒い「中華そば」!

京都市南区醤油,チャーハン,ふくなが

Place & Number

京都市南区

2021年ラーメン44杯目(今年1回目 通算1回目)

この日は午前より西京区の現場へ入ることに。なかなか面倒な作業でしかも上手くいかない事が多い(笑)

結局、やはりというか上手く行かなかったので、この日の作業は終了。帰り道で遅い昼飯を取ることにしました。向かったのはこちらのお店です。

 

スポンサーリンク

中華そば専門店 ふくなが

以前は新福菜館東土川店があった場所です。東土川店のお店には10年近く前に訪問したキリでしたが、数年前に残念ながら閉店。新福菜館が閉店されてから、違うお店が入っていた記憶もありますが、その後、こちらのお店が昨年の10月にオープンされました。

入店してみると先客は恐らく従業員さんかな?食事をされており、後客は3名ほど。では奥のカウンター席に着いてメニューを確認します。

 

ラーメンは基本的に1種類

メニューの写真を見てひとめで分かりますが、こちらの店主さんは新福菜館出身の方かと思われます。基本的にラーメンは1種類で「中華そば」が基本。それに麺大、肉増し、生卵をトッピングした「特製ふくながそば」も。また単品では焼飯、焼豚丼、焼豚、餃子などとなっています。

 

ランチセットも

また、ランチセットも提供されており、先ほどの単品と組み合わせたメニューが並んでいます。ランチとのことですが、提供時間が11:00~20:30とかなり長い時間提供されており、現在は”まん防”のため、営業時間は20時までとされています。

では折角なんでランチセットから選択するとして、一番オーソドックスであろう「中華そば焼飯セット」を注文。待つこと8分ほどで先に焼飯が来て、その後ラーメンも到着です。

 

中華そば

真っ黒なスープは新福菜館の見た目にそっくり。具材はチャーシュー、ネギ、メンマとなっており、デフォでメンマも入っています。

 

噛み応えあるチャーシュー

チャーシューはやや厚めにカットされており、脂身も程よく付いたもので、噛み応えもあるタイプ。新福のお店で食べるものとは少し違う印象。

 

カタメの麺と真っ黒なスープ

麺は少し細めで茹で加減は指定していませんが、カタメでの提供。スープは醤油の風味が良いですが、旨味はやや優しめ。真っ黒なスープですが、醤油辛いことは全く無いのは新福と同じ。

 

黒い焼飯も

焼飯も黒いですが、これも思ったほど濃い味ではありません。米のしっとり感は無いですが、パラっとした食感は健在。

 

まぜそばメニューもあります

宇宙一”と書かれた凄い名前のまぜそばも提供されています。凄く気になりますが、混ぜると真っ黒になるのかな??また試してみたいかと。

 

またここで黒い中華そばが

オープンして半年ほど経過したこちらのお店。新福菜館で修行されただけあり、やはり良く似た中華そばを提供されていました。ただ、新福の屋号が無い分、店主さんのオリジナリティーもチラチラと見え隠れする気もしますね。

数年前に新福の東土川店が閉店してしまいましたが、またこの場所で真っ黒な「中華そば」を食べることが出来るのはありがい。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.4

※これらの情報は記載時点のものです。

住所京都市南区久世東土川町291-3
電話080-4398-0703
営業時間※京都府まん延防止等重点処置により
[火~土]10:00~20:00
[日]10:00~15:00
定休日月曜日
Webサイトhttps://www.chukasoba-fukunaga.com/