京都市伏見区

2017年ラーメン72杯目(今年1回目 通算8回目)

 
この日は社内で大量の設定作業をしていましたが、なかなか終えることが出来ず、キリが良くなったのも15時前。前日に続き遅めのお昼となってしまったので、この時間でも開いている近所のお店を検討するとここへ行くことに。

こちらへ前回来たのは1年ちょっと前。時刻は15時前でしたが先客3名の後客1名とちょこちょことお客は入って来ていました。この時間帯になると奥の座敷と大通り側のカウンター席を封鎖されるのも以前と同じでした。では席に着いてメニューを確認しますが、何故か定食メニューしかありませんでした。

 

不動のメニュー

メニューは過去よりほとんど不動。中華そばのみで量やトッピングで価格が変わります。定食も全く同じで並定食、小定食、餃子、とり唐揚げ、つきだしとなっておりつきだしだけはラーメンが付いていません。ではいつもは並定食にしていますが、今回はちょっと試してみようと「小定食」を注文。待つこと4分ほどで先にヤキメシが到着。その後ラーメンも来ました。

 

中華そば(小)

並定食はラーメン(並)+ヤキメシ(小)のセットになりますが、今回頼んだ小定食はラーメン(小)+ヤキメシ(並)と逆パターン。写真では分かりにくいと思いますが、これは中華そば(小)となるので丼も一回り小さいサイズです。しかし具材の種類はチャーシュー、ネギ、モヤシと同じ。

 

チャーシューは少し大きめのものが2枚

チャーシューは少し大きめサイズのものが2枚。並ならこの倍くらいは載っているのですが、小なのでこのくらいになるのかと。何も指定しなければ(伏見店で指定が出来るのかは試していません)赤身部分中心のチャーシューとなります。

 

麺は太めでカタメの茹で加減、スープは最初は薄い?と思ったが

麺はやや太めでカタメの茹で加減のため、シコシコした食感もあります。小なので少ないのかな?とも思いましたが、意外にそれほど少ないと感じませんでした。スープは油もあまり浮いておらず、この真っ黒が特徴。始めはちょっと薄いかな?とも思いましたが、食べ進むと豚出汁の旨味もしっかりと感じ始めいつものブラックだなと思えました。

 

最近旨く感じるヤキメシ

こちらのお店がオープンした5年ぐらい前はヤキメシの具合がどうにも合わず暫く敬遠していましたが、1年ほど前に食べた時に印象が全く変わりました。そのため今回はヤキメシ(並)の小定食にしましたが、今回のヤキメシの印象も良い具合。ただ量は想像していたよりもちょっと少なめに思えました。

 

今回はヤキメシをメインに

今回食べた小定食。”小定食”と聞くと何やら少ない定食なのかと思ってしまいそうですが、単にラーメンのサイズのみのことで中華そばは小となりますが、逆にヤキメシは並になり焼飯をメインに食べたい時はこちらを選択することが出来るのもありがたい。

ヤキメシが良い印象になるとそればかり注文してしまいそうですが、他の定食はどうだったかな??餃子は過去に食べた記憶はありますが、唐揚げは食べたか記憶ないので、次に来た時はとり唐揚げ定食を食べてみようと思います。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 
お気に入り度:★★★☆☆(3.6)
 

伏見のラーメン店データ

このお店の過去の訪問履歴はコチラ

—————————————————————————
住所   :京都市伏見区深草泓ノ壺町31
電話   :075-643-2311
営業時間 :11:00〜22:00
定休日  :木曜日
Webサイト:
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。


おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA