お取り寄せ(静岡県 らぁめん大山) - 存在感と食べ応えのある”噛む麺”

2018年7月8日お取り寄せ過去記事,大山

 
2012年お取り寄せラーメン

※今回の商品はこちらのサイトから購入しました。2018年7月現在も販売されています。



 
この日はお取り寄せで注文した最後のお店分を作ってみました。最後に残ったのは「らぁめん大山」の「噛む麺!大麺」です。

 

梱包

梱包はこんな感じになってます。もちろん冷凍で麺と具の入ったスープに分かれています。その他の袋はありません。

 

いつもの説明書

作り方の説明書に従って調理します。

 

調理開始

1.いつものようにお湯を鍋に2つ沸かし、沸騰したらまずスープの入った袋を投入。湯煎の時間は15分。結構かかります。

 

2.次に麺も別の鍋に投入します。茹で時間は好みにもよるようですが、10分~14分とのことです。今回は12分ぐらいにしてみました。

 

3.12分後、麺を上げ湯きりをします。かなりの太麺なのでデボからはみ出してます。。

温まったスープを丼に入れ、別でサッと茹でたモヤシをトッピングして出来上がりです。

 

噛む麺!大麺

モヤシは約1袋分入れましたが、それが無くても麺が丼から出てます(笑)それとは対照的にチャーシューは小ちゃいですね。

 

チャーシュー

脂身が多めのバラ肉です。脂感もあって良い感じなんですがちょっと量が少ないです。この麺のボリュームならもっと欲しいところ。

 

これほどの極太麺は見た事ありません(笑)「噛む麺」というのは適切でしょうね。うどんのの様な(もしくはそれ以上)の太さで食べ応えは十分。しかし茹で方が悪かったのか食感が悪い部分が少しありました。

 

スープ

麺とは対照的にスープは思ったほど濃くは無く、どちらかというとスッキリした印象もありました。

 

存在感と食べ応えのある”噛む麺”

さすがに「噛む麺」と言うだけあって、かなりの存在感があり食べ応えも十分。スープもクドくなくスルスルと食べられる一杯と思えました。ただひとつ惜しいのはチャーシューがもう少し多ければなあ。。

 

お取り寄せ過去記事,大山

Posted by masa