カップヌードル スキヤキ ビッグ カップを食べてみた(日清食品)

2019年5月1日カップ麺日清食品, カップヌードル, スキヤキ

Place & Number

購入店:セブンイレブン

2018年インスタント食品5品目

今回はカップ麺ネタです。この商品に関しては特に下調べなどもしておらず、コンビニに入った時に目に付き、「なんやら変わったカップヌードルやなあ」と思ったので購入してみました。

 

カップヌードル スキヤキ ビッグ カップ

コンビニで衝動買いしたこの商品ですが、どうやら3月12日に発売された様でまだ新しい。そう言えば今までカップヌードルで「スキヤキ」味なんかみたことあったかな?と思い、珍しいので買ってみました。では早速中身の確認です。

 

小袋が別に付いています

カップヌードルで小袋が付いているのは珍しいのかどうか分かりませんが、「スキヤキのたれ」と書かれたものがフタに張り付けられています。フタを開けてみると何やら甘い香りが。。具材はHPで確認すると大豆ビーフと下仁田ネギとその他ネギ、そしてたまごとシンプルな構成。これに熱湯を注いで待つこと3分で完成です。

 

完成

「スキヤキのたれ」を投入し軽くかき混ぜた状態がこれ。たれを投入するとさらに甘い香りがして来ました。具材の大豆ビーフは何やら不思議な食感。下仁田ネギと思われるものは大きめサイズでこれは良い感じ。スープはやはり甘いです。割り下の風味かと思いますが、私にはスナック菓子とかのスキヤキ風味などと同じように思えました。麺はいつものカップヌードルの麺ですね。

 

温玉を載せずに

推奨は「on卵」と書かれている様に温泉卵なのでしょうが、今回は作る時間が無かったので、”スキヤキなら生卵でも問題無いだろ”と思い、生卵を投入してみることに。甘いスープがまろやかにはなりますが、白身部分が多いのでマイルドになり過ぎる様な気も。やはり推奨されている様に温泉卵の方が良いのかもしれません。

 

温泉卵は載せた方が良いかも

今回食べて見たカップヌードル スキヤキ ビッグ カップ。スープは甘く食べ進むと私的には少し飽きが来てしまったので、推奨されるように温泉卵を途中で投入した方が、最後まで飽きずに食べられるかな?と思えました。生卵も卵黄だけ入れれば良かったかもしれませんね。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

製品データ

販売メーカー 日清食品株式会社
品 名 カップヌードル スキヤキ ビッグ カップ
価 格(税込) 216円
販売開始日 2018年3月15日
調理時間他 熱湯3分 お湯の目安量 410ml
エネルギー・食塩相当量 430kcal 食塩相当量6.1g

 

2019年5月1日カップ麺日清食品, カップヌードル, スキヤキ

Posted by masa