京都 丸心ラーメン - メニューが一新されていました

京都 丸心ラーメン - メニューが一新されていました
place & number

京都市伏見区

2018年ラーメン93杯目(今年1回目 通算7回目)

この日は子供の行事のため有給を取得。お昼も大分回った頃に終了したので、帰り道で遅い昼食を取ることにして通し営業をされているこちらへ久しぶりに入ることにしました。時刻は14時45分頃。入店してみると先客ゼロの後客ゼロ。お店前に貼ってあるメニューを見ると何やら以前と違う雰囲気が。

 

メニューがリニューアルされています

このメニューを見ていると一番頭に来ている「丸心らぁめん」は以前と同じと思われる鶏白湯。しかしそれ以外のメニューはすべて変わっている様で、鶏白湯ベースの「炙り肉そば」、醤油ベースもありましたが「焦し醤油らぁめん」と「京都黒醤油らぁめん」、「極辛醤油」と以前とは違う形に変更。さらに以前は無かった、「丸心担々麺」、「担々麺」、「担々まぜそば」、「まぜそば」なども提供され、つけ麺の記載は無かったので無くなったのかな?

セットもフライ系が増えボリューム感も出ている印象で、全体的に価格も下がっている様に思えます。まぜそばも非常に気になりますが、ここ1週間近くラーメンを食べていなかったので汁がありブラックに惹かれてしまったため、京都黒醤油らぁめんの券を購入。券を渡して待つこと5分ほどでラーメンの到着です。

 

京都黒醤油らぁめん

白い丼に真っ黒なスープが際立っており、表面に浮いた油などが食欲を刺激します。具材はチャーシュー、ネギ、海苔、生卵(卵黄のみかな?)、メンマとなっており個人的には好きな見た目ですね。

 

炙られたチャーシューは柔らかな食感と香ばしさ

チャーシューは写真の様なものが3枚ほどでまずまずの食べ応えも。脂身部分が多めのため食感は非常に柔らかく、炙られているので香ばしさもあります。

 

麺は歯切れの良さはあるが。。スープは真っ黒な酸味のある醤油

麺は細めで少し縮れた感じで色も黄色っぽい。プツッと切れる歯切れの良さはありますが、個人的にもうひとつ好みでは無くスープとの相性もあまり良く無い気も。スープは醤油の香ばしさや酸味を感じる真っ黒なタイプで油も表面に浮いており、どちらかというと好きな方ですがやや酸味は強く感じます。

 

生卵がデフォルトで載っています

生卵がデフォルトで載っており、白身部分が感じられなかったので卵黄だけ載せられている様です。この卵を混ぜると醤油の塩気や酸味がマイルドになり食べ易くなる印象。これはあった方が自分的には好みでした。

 

メニューが一新されていました

今回食べた京都黒醤油らぁめん。醤油と酸味がやや際立ったブラックで油感もありなかなか好きなタイプではあったのですが、麺が個人的にもうひとつ合っていないような気もして、前の醤油に使われていたタイプの方が好みでした。

今回久しぶりに訪問してみるとメニューが一新されており、ちょっとビックリ。このお店がオープンしてから後発としていち源や麺ismなどが出来たためなのか不明ですが、内容も変えて価格も若干安くなった様に思えます。担々麺やまぜそばも気になるところですので、また訪問してみようと思います。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

お店のデータはここをクリック
 

 

お気に入り度:★★★☆☆(3.3)

 

お店のデータ

住所   :滋賀県草津市野路東五丁目16-23
電話   :077-598-0718
営業時間 :11:00〜23:00 (L.O.22:45)
定休日  :水曜日
Webサイト:
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。