力餅食堂 - 価格も安めでメニューが豊富

2019年1月29日京都市下京区醤油, 中華そば, 力餅食堂, 炊き込みご飯

 
京都市下京区

2017年ラーメン101杯目(今年1回目 通算1回目)

 
この日の現場は下京区。京都市場にもかなり近い所でした。そちらが終了したのは15時も回った頃。この辺りでこの時間でも食べられそうなところもピックアップしていたのですが、ちょっと気になるお店がスグ近くにあり、ついフラフラとここに入ってしまいました。

 

力餅食堂

ネット上で調べるとこちらはかなり昔からある大衆食堂の系列店。こちらのお店自身もなかなか年季が入っている様に見えます。

この系列の創業者は元々兵庫県の方の様ですが、その後京都へ来られ寺町六角に本店が存在しているのですが現在は休業中と書かれていました。独自ののれん分け制度で京阪神に多く存在しており、私自身京都でも過去より色んな地域で系列店に入った記憶もあります。

今回はそんな中、七条七本松にもこちらの食堂があったので入ってみたくなり入店。時刻は15時を回った頃で先客ゼロの後客ゼロ。テーブル席しか無かったので、その内の1卓に着席。メニューを確認します。

 

メニューは豊富

丼物だけでもかなりの種類があり、その他に定食や麺類なども。うどん、そばもこれ以上種類はあるのかな?と言うぐらい揃っています。ちょっと気になったのは手書きで書かれた”ぞうに”。やっぱり京風の白味噌を使った雑煮なのだろうか?などと考えながら結局注文したのは「中華そば」。ついでにかやくご飯もお願いしました。待つこと5分ぐらいで中華そばの到着です。

 

中華そば

具材はチャーシュー、ネギ、モヤシ、蒲鉾となっており色合いはなかなか良い印象。ただデフォで胡椒が振りかけられています。この丼の模様の擦り減り具合を見ていると、どのくらい使われているのかな?

 

チャーシューは小さめのものが2枚

価格も480円と安い割にチャーシューは小さめのものが2枚。独特の臭みが少しありましたが、赤身と脂身のバランスは良い印象。

 

麺は中細ぐらい、スープはあっさりで想像通り

麺は中細ぐらいでヤワ麺を想像していたのですが、カタ麺では無いにしても柔らかすぎることはありませんでした。スープは想像通りのあっさりした醤油で、物足りなさは否めないかと。

 

かやくご飯も

椎茸、牛蒡、油揚げ、人参などが入ったかやくご飯です。熱々でこちらも想像していた通りのあっさり味付け。

 

価格も安めでメニューが豊富

今回食べた中華そば。スープに物足りなさは感じますが、このお店の雰囲気で食べていると不思議とこの感じが良い様に思えてしまいました。価格も安めでメニューも豊富な大衆食堂は入って何となく安心出来ます。次は丼物と雑煮を頼んでみようかな。(他のお店では雑煮は無いかもしれませんが)

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 
お気に入り度:★★★☆☆(3.3)

伏見のラーメン店データ

—————————————————————————
住所   :京都市下京区朱雀裏畑町17
電話   :075-313-0773
営業時間 :8:00~16:00
定休日  :
Webサイト:
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。

2019年1月29日京都市下京区醤油, 中華そば, 力餅食堂, 炊き込みご飯

Posted by masa