ブルーバイユー・レストラン(東京ディズニーランド)

ブルーバイユー・レストラン(東京ディズニーランド)
place & number

千葉県浦安市

2018年洋食2軒目(今年1回目 通算1回目)

本日はいつもと全く違う感じの記事です。というのも諸事情から土日を使って家族で東京ディズニーへ行くことになりました。慣れた方なら始発の新幹線で出発とかして行かれるとは思うのですが、特にディズニーのキャラに興味のある訳では無い私が訪問するので8時半頃の京都発の新幹線で出発。お昼前には舞浜に到着して中に入りますが、やはり人が多い。。

取り敢えずいくつかのアトラクションには入ってみましたが、人気のあるのは120分待ちとかなので断念。ファストチケットも持っていなかった(というか知識も無かった)ので、純粋に並んでいたので3つ目ぐらいには心が折れました(笑)

取り敢えず、「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」というアトラクションが40分ほどの待ちだったので並んでみましたが、実際に乗れたのは1時間以上経っていたかと。3Dの体験も出来るアトラクションでかなりリアルな体感が良い感じでした。ただ乗り物酔いをしやすい方だと多少気持ち悪くなるかもしれません。

その後、お昼もかなり回った時間でしたが、嫁さんがお昼を予約していたお店へ向かうことに。予約時間前に行きましたが、やはりここでも30分ぐらいは待ちました。今回のお店はこちらです。

ブルーバイユー・レストラン

ブルーバイユー・レストランをウィキペディアで調べてみると、下記の様に書かれていました。

ブルーバイユー・レストラン(Blue Bayou Restaurant)は、ディズニーパークにあるニューオーリンズ、ケイジャン風のフルサービスレストラン。 “ブルーバイユー(Blue Bayou)”とは青い入江という意味。アメリカ合衆国カリフォルニア州アナハイムのディズニーランドおよび、日本千葉県浦安市の東京ディズニーランド(TDL)に設置されている。

店内は非常に暗く照明はかなり暗め。アトラクションの「カリブの海賊」の最初の方の一部として一体化していました。座席が一番アトラクションに近い場所に案内されたので、アトラクションで船に乗った人が静かながらひっきりなしに通るので多少落ち着かないかも(笑)あとでカリブの海賊も入ってみましたが、先ほどまで座っていた席も良く見えながらも人の顔までハッキリとは判別出来ないですね。

コースメニュー

今回はコースメニューを選択。コース名は「ブルーバイユーコース」と書かれており、価格は4500円。。前菜、アントレ、デザート、お飲み物から好きなものを選択する方式ですが、ひとり分がこの価格で子供用のメニューも1800円近くしていたかと。

しかし今回は”シェフのおすすめ”として別に記載されていたこちらのメニューがあり、これなら色々と選ぶ必要も無くおすすめが食べられるのでこれにすることに。ただ価格は先ほどのコースにプラス800円となります。

最初にこれが到着

最初にドリンクとパンが到着しました。ソフトな食感のものとハード系の食感のものの2種類で、バターも付いて来るので先に全部たべてしまいましたが、お代わりも可能でした。これを食べ終わる頃には前菜が到着。

前菜

前菜は5種類で左から「ビーフのムースとコンソメジュレ」、「ズワイ蟹とアボカドディップ」、「パルミットのサーモンロール」、「ケイジャンシュリンプ」、「帆立貝のマリネ」となっており、レンゲの様な皿?に盛られていました。素材自体は珍しいという感じでは無いのですが、料理に関しては私が普段遭遇するものとは別世界(笑)

アントレ

”アントレ”というとフレンチでは「前菜」という意味になりますが、北米に限ってはメインディッシュの意味となる様です。では今回のメインは「ローストビーフとオマール海老の香草パン粉焼き 帆立貝のソテーとホースラディッシュソース」と書かれており、非常に長い名前(笑)

付け合わせなども非常に上品な味でローストビーフも柔らか。ホースラディッシュソースに関してはわさびの辛さよりも酸味の方がかなり強かった記憶も。ローストビーフに付けられたソース以外は上部にある塩も付けて頂きました。

ストロベリーサンデー

前菜やメインも旨いとは思うのですが、今回一番気に入ってしまったのがこちらのデザート。アイスクリームにイチゴそのものやソース状のものが添えられ、酸味、甘み、ナッツの食感、アイスクリームの冷たさなどのバランスが非常に好み。これがお代わり出来たらなあと思ってしまいました(笑)

アトラクションと一体となっている一番高いレストラン

こちらのレストランは唯一アトラクションと一体となっているお店で、このディズニーランドで一番高額のレストランと言われているらしい(ディズニーランド会員制クラブの「Club33」を除く)のですが、やはり雰囲気、料理、お店の方の対応などは非常に良い物と思えました。

次の日はディズニーシーへ入る予定ですが、既に疲れて来ました(笑)

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

お気に入り度:★★★☆☆(3.5)

 
お店のデータはここをクリック

 

お店のデータ

住所   :千葉県浦安市舞浜1-1 東京ディズニーランド アドベンチャーランド
電話   :0570-051-118
営業時間 :
定休日  :東京ディズニーランドの営業日に準ずる。
Webサイト:https://www.tokyodisneyresort.jp/
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。