ラーメンこんじき 深草店 - セットで得る 〆飯の満足感

ラーメンこんじき 深草店 - セットで得る 〆飯の満足感
place & number

京都市伏見区

2018年ラーメン101杯目(今年11回目 通算43回目)

この日も社内での作業でした。しかしなかなかキリも付かない作業だったので、お昼を取りに行くことが出来たのは14時半近く。いつものサッと停められる駐車場があるこちらへ入ることにしました。時刻は14時半前で先客5名ほど。後客も2名ぐらいだったかな?

以前も通し営業が基本だったこちらのお店ですが、スープの仕込み加減では14時半から休みに入られることもしばしば。しかし6月1日より完全通し営業に変更されたとのことでした。個人的には遅い昼飯になることが多いので、いつも開いているのは非常に助かります。

では今回は何を食べるか既に決めており、セットメニューであるBセットの券を購入。麺はラーメンかまぜそばから選択出来るのですが、今回は元祖まぜそばをお願い。待つこと7分ほどでまぜそばの到着です。

元祖まぜそば(並)

セットのためサイズはデフォの(並)にしました。具材は以前からと同じでチャーシュー、ネギ、モヤシ、キャベツ少々、卵黄、ニンニク、唐辛子といったところ。

炙られたゴロゴロチャーシュー

チャーシューは大きくカットされたゴロゴロチャーシュー。炙られているため香ばしさもあり、かなり噛み応えもあります。

麺はまぜそばとしては細めに感じるが

麺はまぜそばとしてはやや細めに感じはしますが、食べ応え感はあります。ただ並サイズなので麺量も200gと少し物足りなさも。しかし今回はセットで注文しているのでこのくらいで丁度良いかと思います。

Bセットのチャーシュー丼

過去にも食べた事がありますが、Bセットはチャーシュー丼とのセットとなります。刻まれたチャーシューがタップリと載っており、やや甘めのタレもかけられています。他の具材はネギと海苔が載せられていました。

〆ご飯は

まぜそば系には〆ご飯も付いていますが、今回はBセットのチャーシュー丼をワザと残してそれを投入。以外にタレも残ったのでしっかりとご飯にタレも絡みました。

セットで得る 〆飯の満足感

今回食べたBセット。以前から元祖まぜそばを食べた後の〆ご飯には少し物足りなさを感じましたが、今回Bセットのチャーシュー丼を残して〆ご飯として投入。するとチャーシューも追加され、さらにネギや海苔の風味もプラスされるので〆ご飯の満足感もアップ。途中まではチャーシュー丼も楽しめますし、最後には〆ご飯も。台湾まぜそばでも良さそうですし、セットをこんじき丼に変えてそれを〆ご飯としても良さそう。また組み合わせを変えて試してみようと思います。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

お気に入り度:★★★☆☆(3.7)

 
お店のデータはここをクリック

 

お店のデータ

住所   :京都市伏見区深草西浦町四丁目56-1 第一ビル1F
電話   :075-634-8758
営業時間 :11:00~21:00
定休日  :不定休
Webサイト:https://ramen-konjiki.com/
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。