本格手打ちうどん 大河 - 洗練されてきたうどんと天ぷらが食べられる大河盛りうどん

本格手打ちうどん 大河 - 洗練されてきたうどんと天ぷらが食べられる大河盛りうどん
place & number

京都市伏見区

2018年うどん6杯目(今年4回目 通算80回目)

この日は社内での作業。14時近くになったのでお昼を取りに行くことにしますが、2ヶ月以上訪問していないこちらへ入ることに。時刻は14時ちょっと前で先客は6名ぐらいで後客は珍しくありませんでした。では席に着いてメニューを確認しますが、涼しくなりひやかけなどの提供は無いのでレギュラーメニューから注文しようと思い、看板の大河盛りを選択。うどんも久しぶりに大盛でお願いし、食べ方は「しょうゆ」でお願いしました。暫し待っているとうどんの到着です。
 

大河盛りうどん(しょうゆ 大盛)

看板メニューである「大河盛り」。基本はぶっかけ(もしくは温かいうどん)ですが、しょうゆでも対応して頂けます(ざるや釜玉、ひやかけなども過去にお願いしたことがあったかな?)。具材も天ぷらの他に薬味などもタップリ載っており、看板メニューに相応しい豪華な感じかと。


 

豪華な天ぷら

天ぷらはプリプリ食感の海老を筆頭に、ジューシーな鶏天、半身だが大きな竹輪、そしてパリッとした食感の大葉となかなか豪華に見える天ぷらで、どれもコロモの食感はサクサク。薬味もタップリと載っており、大根おろし、生姜、刻み海苔、すりごま、ネギなどで風味も豊か。


 

モッチリと伸びと弾力のあるうどん

うどんはモッチリと伸びと弾力のあるところは以前より変わらず。今回は大盛でお願いしました(500g)が量的にはピッタリで、一緒に持って来られる出汁醤油をかけて食べるのが旨い。


 

レモンからかぼすに変更

大将よりレモンをかぼすに変えますか?と提案頂いたのでお願いしました。このかぼすはスタッフさんの実家から送られてきたものとのことで、タネが無いかぼすでした。果汁がかなり豊かで風味も抜群。途中で風味を変えるのにはピッタリかと。


 

洗練されてきたうどんと天ぷらが食べられる大河盛りうどん

今回食べた大河盛りうどん(しょうゆ)。オープンしてから6年半ほど経つこちらのお店ですが、この大河盛りは当初からある看板メニュー。モッチリと伸びと弾力のある麺やサクサクの天ぷらは当初から旨いと思っていましたが、最近食べていると、個人的に感じるのは「うどんも天ぷらも洗練されてきた」のでは?ということ。ひやかけなどの限定を食べるのも良いですが、レギュラーを改めて食べるのも良いですね。

最近こそ訪問ペースは落ちてはいますが、今回で通算80回目の訪問。100回訪問するのはいつになるのか分かりませんが、これからもまだまだ続けて貰いたいお店です。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:4.0

※これらの情報は記載時点のものです。

住所 京都市伏見区深草西浦町7-45-1
電話 075-641-4877
営業時間 平日:11:30〜14:30(L.O.) 18:00〜20:30(L.O.) 
土日:11:30〜15:00(L.O.) 18:00〜20:30(L.O.)
定休日 火曜日・月曜夜
Webサイト