中華そば 福門 意外に飽きも来ず、スルッと完食。つけ麺W(400g)

京都市伏見区福門, つけ麺

Place & Number

京都市伏見区

2019年ラーメン53杯目(今年3回目 通算75回目)

この日は社内にてPCのセットアップ作業。前日は何故か上手く行かなかったのですが、リカバリーをかけてみて再度行うと問題無く完了。このメーカーのPCはたまにこういったことが起こるので、手を焼く時がありますね。。色々手順を変えてみたりして上手く行くことが多いのですが。

ということでキリも着いたのでお昼を取りに行くことにしますが、向かったのはこちらのお店。今年3回目となるのでツキイチぐらいのペースとなっています。時刻は13時半頃。先客は5名ほどで後客3名。席に着くとメニュー表が真新しくなっていました。

 

【低糖質のパン&スイーツ】

メニュー表が新しくなっていました

内容はそれほど変わっていない感じですが、メニュー表自体が新しくなっていたので記載しておきます。ラーメンは旨辛らーめんがレギュラーになったのか、こってりなどと一緒に記載されています。定食のほうも麻婆天津丼、春巻、よだれ鶏(ラーメンは付いていない感じ)などは以前は無かったかと思われる定食が追加。単品メニューも追加されており、ここで呑むことも出来そうですね。

では、今回はつけ麺を食べようと思い注文。量はまだ注文したことがない「W」でお願いしました。待つこと7分ほどでつけ麺の到着です。

 

つけ麺(W)

Wだと黒い皿一杯に盛られていました。具材は麺側に刻み海苔と味玉が半個。つけ汁側にはネギと見えていないですが、ブロック状のチャーシューが入っています。

 

以前より熱々で提供されたつけ汁

つけ汁は鶏豚骨っぽい感じで魚介の風味もしており、なかなか濃厚さもあります。また以前のつけ麺と違うなと思ったのは、つけ汁がかなり熱々さにされていたところ。麺が多めなので最後の方はやはり冷めはしますが、十分食べられるぐらいでした。温め直しをされているのかは聞いていないので不明。チャーシューはブロック状にカットされており、これもまずまずの食べ応え。

 

プリッとした太麺は食べ応えあり

麺量は並(200g)、大(300g)、W(400g)となっており、今回は一番多い「W」で注文。加水は高めなのかプリッとした食感もある太麺で400gだと食べ応えもあります。最初は「途中で飽きるかな?」とも思いましたが、そんなことも無くスルスルと完食。

 

意外に飽きも来ず、スルッと完食。つけ麺W(400g)

今回食べたつけ麺W(400g)。今まで大(300g)しか食べた事が無かったので、Wは多いかな?や途中で飽きが来るかな?など考えましたが、意外にそんなことも無くスルッと完食してしまいました。つけ汁が以前よりも熱々になっていたのも好印象でしたので、またWで注文してみようと思います。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.6

※これらの情報は記載時点のものです。

住所 京都市伏見区深草西浦町4-81 メゾン深草 1F
電話 075-642-3358
営業時間 11:30~15:00 17:00~23:00
定休日 日曜日
Webサイト  


京都市伏見区福門, つけ麺

Posted by masa