誰もが知っている定番に汁なしが登場!チキンラーメンの油そばを食べてみた(日清食品)

2019年5月1日カップ麺油そば,日清食品,チキンラーメン

Place & Number

購入店:セブンイレブン

2019年インスタント食品6品目

今回はコンビニに入った時に目を引いたこの商品です。

 

【広告】

チキンラーメンの油そば

最初に「油そば」の文字をみかけた時に”チキンラーメンで油そば??”と何となく違和感も。どんな感じになるのか興味があったのでつい買ってしまいました。2019年3月25日に発売されたこの商品。中はどうなっているのか早速開封してみました。

 

小袋は二つ

小袋は二つ入っており、油そばのタレと刻み海苔となっていました。麺は方は見た目は普通のチキンラーメンと同じ様に見えますが、お湯で戻る前ながら太さが通常より太い印象。ではこれに熱湯を注いで3分待ちます。

 

湯切りはマグカップで

フタには大きめのマグカップで湯切りをしろと書かれており、フタの右側がUFOの様に湯切り口となっていました。これを剥がして湯切りしたお湯はチキンスープとして楽しめます。スープを飲んでみると、定番のチキンラーメンのスープそのものですね(笑)

 

油そばの完成

湯切りをした後、附属のタレをかけてしっかりと混ぜ込み、刻み海苔を載せて完成です。タレは鶏油とラー油とのことですが、辛味はそれほど感じず鶏油の方が強く感じました。濃いめの味付けで麺は平たく、やはり通常のチキンラーメンより太い麺でした。

 

たまごを載せてともあったので

たまごを載せてとも書いてあったので、生卵を落としてみました。ネットリと全体にたまごが絡んで良い具合になり、味が濃いと思った時は入れるのも良いかもしれません。

 

定番ラーメンの油そば

今回食べたチキンラーメンの油そば。誰もが知っているチキンラーメンの油そば版ですが、湯切りしたお湯をスープとして楽しんだり(焼きそばでそんなスタイルの商品があったかと)、太めの麺を鶏油とラー油で汁なしで食べる形もなかなか良い印象でした。でもたまにこういった形で食べるのは良いですが、やはり個人的にはスープで食べるチキンラーメンが好きですね。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

製品データ

販売メーカー日清食品株式会社
品 名チキンラーメンの油そば
価 格(税込)194円
販売開始日2019年3月25日
調理時間他熱湯3分 お湯の目安量380ml
エネルギー・食塩相当量486kcal 食塩相当量5.7g