京都ラーメン 旭 麺とスープの相性が最高。馴染み深い味わいの旭ラーメン

京都府城陽市醤油, チャーハン, 京都ラーメン旭

Place & Number

京都府城陽市

2019年ラーメン116杯目(今年2回目 通算7回目)

この日は昼より城陽市の現場へ入ることに。オーソドックスなラーメンが食べたいなと思ったので、こちらのお店に入ることにしました。時刻は14時も回った頃。入店してみると雨の影響もあるのか先客は無く、後客もゼロ。カウンター席に着いてメニューを一応確認すると夏の期間限定メニューが置かれていました。

 

【低糖質のパン&スイーツ】

夏の期間限定メニュー

夏の期間限定なので冷やし系が3種類で、「冷やしまぜそば」、「冷やしラーメン」、「盛りラーメン」となっています。しかしこの日は朝からずっと雨も降っており気温も低め。冷やしという感じでは無かったので今回はスルー。

ということでオーソドックスなのが食べたいと思っていたため、旭ラーメンを注文。焼飯の小のセットにして待つこと6分ほどで先に焼飯が来てその後すぐにラーメンも到着です。

 

旭ラーメン(並)

いつのもフチにギザギザが付いた赤色の丼に、具材としてチャーシュー、ネギ、モヤシ、メンマと定番が載せられています。毎回感じますが、この赤い丼だとスープの色が分かりにくいですね。

 

チャーシューは脂身と赤身のバランスがいい

チャーシューは脂身と赤身部分のバランスも良く食感も柔らか。デフォのラーメンとしてはまずまず量もあると思えます。

 

非常に好みの麺と馴染みのあるスープ

麺はそれほど太くは無いですが、モッチリとした食感の麺は個人的に非常に好み。スープは豚出汁ベースの醤油ですが、じんわりと旨い定番で馴染み深い味わいですね。

 

パラッとした食感の焼飯

コメのしっとり感は弱めですが、パラッと具合は良好。味付けもそれほど濃すぎず、こちらの懐かしい感じの焼飯です。

 

麺とスープの相性が最高。馴染み深い味わいの旭ラーメン

今回食べた旭ラーメン。過去より何度か食べていますが、感じるのはやはり麺が非常に好みというところ。定番の豚出汁スープとの相性も最高で、やはりこのタイプのスープにはこの麺が合いますね。サービス券も4枚ほど貯まってきたケド、ずっと財布に入れっぱなしのためボロボロになって来たのでそろそろ使わないと(笑)

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.5

※これらの情報は記載時点のものです。

住所 京都府城陽市平川浜道裏41-1 フジイビル 1F
電話 0774-52-8115
営業時間 11:00~23:00
定休日 水曜日
Webサイト http://kyoto-ramen-asahi.com/