現メニュー2巡目の最初は1番気に入ったこれから。醤油ラーメン専門店 陽はまた昇るの「地鶏醤油つけ麺」

京都市伏見区つけ麺, 陽はまた昇る醤油

Place & Number

京都市伏見区

2019年ラーメン205杯目(今年8回目 通算8回目)

この日は社内での作業。13時も回ったのでお昼を取りに出ますがこちらへ行くことに。と言うのも前々回に食べたつけ麺が旨かったのでもう一度食べようと思い、1週間前にも行ったばかりですが訪問することにしました。

お店前まで来ると店舗前で大将がお客さんと写真撮ってはる(笑)珍しいなあと思っていたのですが、後で店内で大将に聞くと高校の同級生の方だったとか。久しぶりに合われたのか分かりませんが、記念に撮りたくはなりますよね。

入店後、大将もスグに戻られつけ麺の券と大盛券を渡して待つこと8分ほどでつけ麺の到着です。

 

地鶏醤油つけ麺(大盛)

前回このつけ麺を食べたのは2週間ほど前ですが、具材の種類自体は変わっていないながらも、メンマが穂先から材木型に変更されていました。

 

鶏ベースの醤油のつけ汁

つけ汁は鶏ベースの醤油でやや塩気が効いており、物足りなさは感じず。具材はネギしか見えませんが、まぜそばなどでも使用されている細かくカットされた豚と鶏のチャーシューも中に入っています。

 

チャーシューの香ばしさが際立っています

チャーシューは前回食べた時と同じで豚と鶏に2種類。特に豚の方がかなり香ばしい風味が付けられています。前回訪問した時に昼営業終了間際から炭に火を入れる作業をされていましたが、どうやらこれでチャーシューに香ばしい風味を付けられている様です。

鶏の方は対照的にあっさりで食感も柔らか。メンマは穂先から材木型に変わって適度な歯ごたえも楽しめます。スダチは途中で絞るのがベストかな?

 

やはり旨い麺

しっかりとしたコシも感じられる太麺はやはり旨い。学生はこの大盛が無料で食べられるのが羨ましい(笑)

 

最後はスープ割で

最後はスープ割でほっこり。器は上の方を持って注がないとかなり熱くなっているので注意が必要です。

 

2巡目はこれから

前回ですべてのメニューを食べ終えましたが、2巡目の最初に1番食べたいと思ったのはこのつけ麺。やっぱり麺が非常に好みで、大盛にすると食べ応えも十分なのが個人的に魅力なのかと。次はラーメンにしようと思いますが、種類が多いので悩むところですね。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.8

※これらの情報は記載時点のものです。

住所京都市伏見区深草野田町8-3
電話不明
営業時間11:00~14:30 18:00~21:30
定休日木曜日
Webサイト