伏水酒蔵小路内にある門扇 伏水酒蔵店。酒どころ伏見の酒蔵、玉乃光酒造の酒粕を使用した「酒粕ラーメン」を食べてみた

2020年2月23日京都市伏見区酒粕, 替玉, 門扇伏水酒蔵

Place & Number

京都市伏見区

2020年ラーメン29杯目(今年1回目 通算1回目)

この日は休日出勤した振休を取得。お昼には退社して近くの城南宮まで参拝に行って来ました。

※城南宮の「しだれ梅と椿まつり」の記事はこちら

それから銀行にて記帳をしてお昼をどこかで食べようと、ふとした思いつきでそう言えばここにあのお店が移転したなあと思い向かうことにしました。

 
伏見は酒どころで酒蔵があることでも有名ですが、日本酒を楽しめる施設「伏水酒蔵小路(ふしみさかぐらこうじ)」が2016年にオープンしました。ずっと気になりつつもなかなか機会が無くズルズルと未訪でしたが、ようやくここに入っている「門扇」さんに訪問することに。

もちろんホントは日本酒も飲みたいのですが、車なんで無理ですね。。ラーメン以外のお店も良さそうで、昼から酔っぱらっているお客さんもおられます(笑)

今回、私もホントに思い付きで入ったので、ここのシステムを全く理解しておらず、下調べもせずで突撃。納屋町商店街の入り口から入ったのですが、最初にあったのはお寿司屋さん。

寿司屋大ちゃんというお店ですが、私の中途半端な記憶(出前が出来るのでどこのお店でも食べられる)のせいで、何も考えずに入って取り敢えず着席。お兄ちゃんが来てくれたので、色々聞いてみたのですが出前では食べられないメニューもあるため、お店まで行った方が良いとのこと。分かってないオッサンに対しても親切に教えてくれてありがとうございました(笑)(お寿司食べていないのに。。)

 
中をずっと東に向いて進むと大手筋側の入口(正確には大手筋では無く南北の細い通り)と繋がっています。この入口のスグ手前にお店がありました。

 
この看板で気付いたのですが、一応お店の方に「こちらは門扇さんですか?」と確認。そうですとのことでしたが、たくさんお店があるので面食らってしまった。。

ではカウンター席に着席しますが、こちら門扇さんは以前に西浦町や本店として藤森駅の近くにもありました。どちらも今は無いですが西浦町のお店がここへ移転した形になるのかな?現在ではここの他に本店が祇園、木屋町にもお店があります。ではメニューを確認します。

 
以前からそうですがここもメインはやはり鶏。しかしそれ以外にも担々麺、カレー、味噌などもあり、酒蔵ならではの「酒粕」のラーメンもありました。また定食としては唐揚げや餃子とのお昼のセットなども。一品の中にはカレーもありますが、西浦町のお店にもあったなあと思い出し懐かしい気分に。

では、久しぶりに鶏らーめんを味わいたい気もありましたが、それよりも気になったのは「酒粕らーめん」。ということでこれを注文。

 
さらに驚いたのは酒粕ラーメンの”酒粕”の種類を選ぶことが出来ます。8種類もあるのでどれにするか非常に迷いますが、まずは”酒感優しめ”と”やや強め”を外して「強め」だけの3種類に絞りました。三つの中で過去に何度も飲んだ記憶がある「玉乃光」を選択。待つこと10分ちょいでラーメンの到着です。

 

酒粕らーめん

赤い丼に白いスープが印象的で、その丼には使用した酒粕の銘柄が書かれた札が付けられています。この辺りは観光客向けっぽい演出ですね。

 
具材は鶏チャーシュー、ネギ、大根、人参、白菜、唐辛子。酒粕のいい香りがしています。

 
鶏チャーシューはカットされたものが3枚。このチャーシューは過去に西浦町のお店で食べた時と同じ感じで、味付けは濃く無く柔らかな食感。

 
麺は細めでモチッした食感。以前に西浦町のお店で食べた鶏らーめんはかなりザックリしたタイプでしたが、酒粕のためまた違ったタイプに変更されているのかは不明。スープは酒粕の風味がしっかりしており、口当たりもクリーミー。個人的にはもう少し酒粕が強くてもOKかな。

 
大根と人参を細くカットしたものと白菜です。これも鶏らーめんに載っていたものと同じで、久しぶりに食べたため懐かしさも感じました。何となくですが大根は酒粕に合いますね。

 
平日のお昼は替玉無料(一玉or半玉)と書かれていたのでお願いしました。ネギやタレなどは無く、ホントに麺だけです。

 

色んな酒蔵の酒粕から選ぶことが出来る

今回食べた酒粕ラーメン。酒粕の風味も良く、クリーミーな口当たりの良いスープは個人的にかなり良いなと思える一杯かと。8種類の酒粕から選ぶことが出来ますが、同時に食べないと私にはなかなか違いが分からない様な気も。次は違う酒蔵の酒粕を選んでみようと思います。

通し営業で平日は替玉無料となかなかお得。酒蔵小路のシステムもちょっと分かったので、また訪問してここのラーメンを食べてみようと思いますが、他のお店も気になりますね。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.6

※これらの情報は記載時点のものです。

住所京都市伏見区平野町82-2
電話075-603-0380
営業時間11:30〜23:00(ラストオーダー22:30)
定休日火曜日
Webサイトhttp://monsen-taisyo.com/index.html


2020年2月23日京都市伏見区酒粕, 替玉, 門扇伏水酒蔵

Posted by masa