2020年4月18日にオープンした伏見区初のキラメキ系。キラメキノトリ伏見横大路

2020年6月13日京都市伏見区鶏白湯,キラメキノトリ伏見横大路

Place & Number

京都市伏見区

2020年ラーメン67杯目(今年1回目 通算1回目)

この日はお昼より城陽市での作業。特に大きな問題も無く終了し、会社へ向かいましたがテイクアウトを探して会社で食べる時間もあまり無かったので、こちらでサクッと昼食を済ますことにしました。

 

【広告】

キラメキノトリ伏見横大路

2020年4月18日に、以前は「元祖ラーメン宝 萬両本店」が営業されていた場所にオープンされました。駐車場も広くかなりの台数が停められますね。

時刻は13時半前。入店して中をチラッと確認してみるとカウンター席はすべて空いていたので入ることに。店内も以前のお店と変わっておらず、厨房前にカウンター席で窓側にテーブル席となっていました。ではまずは券売機でメニューを確認します。

 
券売機は他のお店でも見かけるタッチパネル式。メニューは下記の様になっており、他の店舗でも提供されているものと同じ?と思いましたが、良く見ると違う

・鶏とんこつらーめん 醤油
・鶏とんこつらーめん 塩
・台湾まぜそば直太朗
・極太系まぜそば小麦のチカラ
・濃厚海老まぜそば


パッと見た時は「鶏白湯」かと思いましたが、よく見ると「鶏とんこつ」の記載。個人的にこちらでは””が好きなんですが、今回は「醤油」を注文。サイズも特大にして券売機でトッピングも勧められたので味玉も付けてみました。

直前にテーブル席の客が数組入っていたようで、少し時間がかかり12分ほどしてラーメンの到着です。

 

鶏とんこつらーめん 醤油(特大)

具材はチャーシュー、ネギ、刻み玉ねぎ、穂先メンマ、後付けの味玉となっており、なかなか見た目も鮮やかで良い印象。

 
チャーシューはかなり大きめのサイズで1枚ながらも、なかなか食べ応えもありました。

 
麺はやや太めで強めのしっかりした食感があり、個人的にキラメキ系の麺は好み。特大にしたため麺がスープに収まっていません。スープは鶏豚骨とのことですが、鶏の方が強い印象。塩気も良い塩梅で醤油の方が塩よりも若干強めに感じました。

 
トッピングした味玉です。半熟具合も申し分無く、醤油系の味がしっかりと付けられていました。

 
今回は伏見区にもようやく出来たキラメキ系のお店に訪問してみましたが、やはりここの麺やスープは個人的に好きですね。ちょい離れているので気軽にお昼を取りには来れませんが、通し営業で駐車場もタップリなので、変な時間のお昼になった時に寄らせてもらうことが増えそうです。

お店自体が伏見区に来たのは初めてですが、かなり前には本社?(社名は現在と違うが)は伏見区になかったかな!?(新堀のダックス近く)記憶違いかもしれませんけど(笑)

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.8

※これらの情報は記載時点のものです。

住所京都市伏見区横大路下三栖宮ノ後35
電話075-602-1050
営業時間11:00〜23:00(LO 22:30)
定休日不定休
Webサイトhttps://kirameki-mirai.co.jp/index.php