横浜家系ラーメン こころ家 2021年4月20日 滋賀県草津市にオープンした家系のお店。

滋賀県草津市家系,チャーハン,豚骨醤油,こころ家

Place & Number

滋賀県草津市

2021年ラーメン64杯目(今年1回目 通算1回目)

この日は所用があったので、お昼より宇治市の現場へ入ったあと、終了後はそのまま半休に入ることに。滋賀県の方へ移動し、所用をいくつか済ませた後、昼飯を食べようと先月オープンしたお店へ、もう落ち着いたかな?と思い向かってみることに。

 

横浜家系ラーメン こころ家

2021年4月20日にオープンしたお店で、焼肉屋さんやうどん屋さんが入った同じ建物の真ん中にあり、駐車場も他の店舗共通でどこでも停めて良いならかなりの台数が停められそうです。

店内に入ってみると時刻は14時半過ぎだったので先客は1名の後客1名。入ってスグ右手に券売機があるので、ここで先に券を購入します。店内は左手にボックス席があり5卓くらい。右手には厨房とその前にL字型にカウンター席があります。

 

好みの指定はお馴染みのヤツ

席は指定され店員さんが水の入ったコップを置かれるので、そこへ着席。ラーメンの好みはこの系統で良く見かけるヤツで、麺の硬さ、味の濃さ、油の量が選べます。

メニューの方ですが、券売機の画像を撮り忘れたので、思い出す限りのメニューを下記に記載しておきます。

・ラーメン
・MAXラーメン
・ネギラーメン
・味玉ラーメン
(醤油か塩が選べる)
・チャーハンセット
・ネギチャ丼セット

記憶だけなのでちょっと怪しいですが(笑)、一番左上の大きなボタンはチャーハンセットだったので、これを注文。好みは初訪ではどんな状態なのか分からないので全部普通でお願いし、タレは醤油にしてみました。

先にチャーハンが来て、その後スグにラーメンも到着です。

 

ラーメン(醤油)

到着したラーメンは見るからに「家系」を主張(家系のお店なんで当たり前か)(笑)具材はチャーシュー、ほうれん草、うずらの卵、海苔と王道が載せられています。

 

チャーシューは薄め

チャーシューは薄めにカットされていますが、食感は非常に柔らかくMAXにすればもっと増やせますし、チャーシューだけ枚数を増やすボタンもあった気がします。

 

麺の形状も家系

麺は店内の説明を読んでみると「低加水中太麺」と書かれ、加水率は28%とも。ツルっと滑らかなな感じもあり、特徴的な短い麺です。

スープは豚骨醤油で、味の濃さは普通にしましたが個人的にはやや塩気がある様に感じます。また鶏油?と思われる油も結構浮いていましたが、これも普通量なので私的には味も油の量も普通が良いかもしれません。

 

味変も充実

卓上にはにんにく、豆板醤、しょうが、たまねぎ、Qちゃんなどが置かれ、なかなか充実した味変の量。

 
今回はにんにくとたまねぎを試してみましたが、やっぱりこのスープには合いますね。Qちゃんはライスを注文した時に良さそうかと。

 

セットのチャーハン

セットのチャーハンは半チャーハンとのことですが、そこそこ量的にありました。パラッとしながらも米にはしっとり感があるタイプで、個人的に好きなヤツ。

 

草津市にも家系のお店が

今回訪問してみた家系のお店ですが、草津市では初めての家系となるのかな?ただラーメンは魂心家や町田商店と似たような部分も感じられますが、関係があるのかは不明

駐車場も多く、通し営業をされているため非常に入り易いお店なのは間違いありません。また訪問することになりそうですね。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.5

※これらの情報は記載時点のものです。

住所滋賀県草津市矢橋町97-1
電話077-599-3582
営業時間[月〜木・日]11:00〜23:00
[金・土]11:00〜25:00
定休日無し
Webサイト