【実食】無人餃子直売所の「近江餃子 平和堂フレンドマート志津東草津店」が2021年8月8日にオープンしてます。

中華やその他餃子,テイクアウト,近江餃子平和堂フレンドマート志津東草津

Place & Number

滋賀県草津市
2021年中華やその他11軒目(今年1回目 通算1回目)

最近は高級食パンや無人の餃子販売のお店が増えている気がしますが、滋賀県でも「餃子の雪松」の無人餃子直売所がどんどんオープンしています。記事記載時点で滋賀県では5店舗展開されており、まだまだ増えそうな勢いかと。

そんな中、屋号に”雪松”の名前はありませんが、「近江餃子」の無人餃子直売所が2021年8月8日オープンされました。近江餃子としては守山のお店に続いて2店舗目で、オープンから2日間はキャベツ1玉のプレゼント等のサービスをされていた様です。

オープン日近辺は混みそうだったので外して、4日ほど経った仕事帰りの夜8時くらいに寄ってみたのですが、既に完売(笑)改めて翌日に訪問してみました。

 

近江餃子 平和堂フレンドマート志津東草津店

店名にフレンドマートが入っていますが、同じ敷地内でもっと西にあるパチンコ店の駐輪場のところにあります。ここの駐車場はかなり広いので餃子目的なら車はパチンコ店よりに停めた方が良いかも。

こちらの餃子のコンセプトは、

滋賀県草津市宿本陣で半世紀にわたり営業していた名店、居酒屋 壺。令和二年市街地再開発のため、惜しまれつつ閉店。その名店で脈々と受け継がれてきた味の手作り餃子が完成いたしました。

とHPに記載があります。

また近江餃子の運営会社は調べてみると、京都に本社がある朝陽物産株式会社で複数の事業を展開されており、その中の飲食事業のひとつ。同じドメインの配下に居酒屋 壺の閉店のお知らせがあったので、こちらが運営されていたのかと思われます。また、無人直売所のスグ側のパチンコ店もこちらが運営会社であるのがHPで確認出来ます。

では、店内に入ってみると方式は”雪松”と同じ形の印象で、自分で商品を取ってお金を料金箱に入れるシステム。では一応、購入の流れを書いて置きます。

 

購入方法

まずドアを開けて店内に入ると消毒用のアルコールがあるので消毒。目の前に大きな冷凍庫があるのでこちらから商品を選びます。こちらのお店では向かって左三つがにんにくあり餃子の記載があり、一番右はにんにくなし餃子となっています。しかしこの日はにんにくなし餃子はひとつもありませんでした(笑)

ビニール袋を取って(1包みにつき1枚無料。タレの入った冷蔵庫の横にあったかと)餃子を入れますが、1包みとは紙で巻かれたプラスチックの容器二つ分です(容器ひとつに18個餃子が入っていますので二つで36個)。

保冷剤も一緒に置いてあるので必要な方は1包みに付き2個まで無料とのこと。私は家までそれほど遠くないため、もったいないので今回は取らず。

 
冷凍庫の右にタレの入った冷蔵庫がありました。ひとつ100円でこれの味も気になるので買ってみることに。

 
そしてさらに右にある料金箱にお金を入れて支払い終了です。この料金箱、他の無人直売所もそうですが何となく賽銭箱みたいですね(笑)今回は餃子2包みとタレで2100円(税込)を支払いました。

ここで注意したいのはこのシステムでは「お釣り」は出ません!店舗に入る前に千円札や小銭がちゃんとあるか確認しましょう。足りないからと言ってズルはダメです。ちゃんと録画されていると思うので(笑)

 

焼いてみます

ではその日の晩に早速焼いてみることに。まず最初にどうやって焼こうかな?と考えたのですが、2包み購入したので個数にして72個。これを1度で焼くことは出来ないですが、いつも餃子を焼く時と同じ様に2回で終わらせたい(早く食べたいので)。まずは基本の焼き方を確認してみました。

 
特に珍しいところは無く、冷凍のまま焼く形ですね。いつも焼いている方法とほとんど変わらないので、個数に応じて水(熱湯と書いてあるが)の量を適当に変更してみることにしました。

 
タレの方は餃子の王将と同じく酸味が効いたもので、特別変わった感じはありません。量的には結構あるので、2包みでも半分以上余るくらいでした。

 

実食

では焼きあがっての実食です。最初は嫁さんと子供の分として30個ほど焼き上げることに(画像はちょっと乱雑に盛ってますがひとり分の15個くらい)。

※皿は餃子の王将ですが、餃子は近江餃子です(笑)

サイズ的には餃子の王将よりもやや小ぶりですが、皮はモッチリ感があり、中の餡は野菜が多めで割とアッサリと食べられます。しかしニンニクも効いており、タレを付けなくても食べられるくらいで、なかなか旨い。

では残り40個ほどを自分が食べるために1度で焼いてみました。

 
40個を一度に焼こうと思うと、この様に円形状に並べるしかありませんでした(笑)でもしっかりと焼きあがっていますし、餃子同士はくっついていますが、これが箸でも結構綺麗に剥がれる。

最初は40個も食べると飽きるかなーと思っていたのですが、食べてみると全く飽きも来ず完食。これは餃子の王将との餃子ローテーション入りしたかもしれません(笑)

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:3.5

※これらの情報は記載時点のものです。

住所滋賀県草津市追分1丁目1番15号
電話 
営業時間24時間営業
定休日 
Webサイトhttps://b-gyoza.shop-pro.jp/