熊本県熊本市

2014年ラーメン218杯目(今年1回目 通算1回目)

 
さて、熊本の出張も最終日。昨日作業した所も朝から昼過ぎまでで問題が無いようなので京都へ戻ることに。駅前に行くと昨日乗った路面電車にも色々なカラーリングがあるんですね。

20141017-01
これはチキンラーメン号?です。広告になっているのか他にも何台かこういったものが走っていました。

さて、お昼も過ぎ13時近くになったので、京都へ戻るため土産などを見に行く事に。その前に最後の熊本ラーメンを食べようとこちらへ行ってみることにしました。

 

桂花ラーメン 新幹線口店

20141017-02
桂花ラーメンには前々回ぐらい前、熊本に来た時にセンタープラザで食べた記憶があります。その時は新幹線では無く、飛行機で来ていたので交通センターを利用していたためそちらで食べましたが、九州新幹線が開通してからは熊本駅を利用するようになったように思います。

早速お店前まで行くと待ちが6、7人ほど。名前を書いて暫し待つと5分くらいでカウンター席へ案内されました。待っている間にもメニューを渡されるので何を頼むかは先に考えておけます。

カウンター席前にもメニューは置かれているのでそちらでもう一度検討。メニューを確認します。

 

ラーメンはトッピングの違いぐらいでしょうか

20141017-0320141017-04
ラーメンは基本的に同じようで、トッピングの違いで名前も変えられています。デフォは恐らく59年間定番という「桂花ラーメン」。しかし47年間人気No1という「太肉麺」が看板商品のようです。他には特製、高菜などトッピングの違いでカレーもありますが、これもウリなのかはわかりません。

以前に訪問した時はキャベツが入ったラーメンだったので、多分「太肉麺」を食べたかと。今回は半チャンセットでもいいかなと思いつつもガッツリ食べるため炒飯定食にしてみることに。待つ事5、6分でまず炒飯が到着し、その後にラーメン、餃子の順での到着です。

 

桂花ラーメン

20141017-05
具材はチャーシュー、ネギ、味玉、メンマ、茎ワカメといったところ。木耳の代わりに茎ワカメを使用されているのでしょうか?

 

チャーシューはもうひとつ

20141017-06
チャーシューは脂身、赤身のバランスは良く、食感も柔らか。しかしちょっと安っぽい感じでもうひとつの印象。

 

麺は少し太めでスープはマー油がたっぷり

20141017-07
麺は注文時に店員さんが客ひとりひとりにふつうで硬めの説明をされています。その言葉通り確かに麺はカタメの茹で加減。なんだかスープに馴染んでいない感じなので、もうちょっと柔らかめでも良いかもしれません。

スープは豚骨オンリーでは無く鶏ガラも使用されている様子。スープ自体も悪くはないですが、やはりマー油の存在感がかなり強い印象でしょうか。

 

味玉は固ゆで

20141017-08
個人的に味玉は半熟のほうが好み。白身部分に味は付けられていますが、黄身は固ゆでの卵。

 

パラッと感のある炒飯

20141017-09
半炒飯なので量は少なめ。パラッと感も良く味付けも好み。

 

餃子はなかなか良い印象

20141017-10
王将と比べると少し小ぶりですが、ジューシーさもありなかなか良い印象。定食では4つだったのですが、もう少し食べたい気はしました。

 

共通する点は?

最後に熊本ラーメンの老舗に久しぶりに訪問してみましたが、熊本ラーメンに共通しているのは豚骨スープ自体はそれほど個性が強いものでは無いですが、後から入れるマー油やニンニクチップの個性が非常に強く、それが前面に押し出されているように感じました。

今回の熊本出張で食べたラーメンは5店。ほとんどが熊本ラーメンで1店が玉名ラーメン、もう1店は煮干しラーメンでしたが、次に機会があるならまた同じように老舗と豚骨とは違うラーメンを出すお店の両方がまわれたらなあと思います。次はいつになるかわかりませんが。。。また、熊本に来たいですね!

 


 

お気に入り度:★★★☆☆(3.4)

 

—————————————————————————
住所   :熊本県熊本市西区春日3-15-30 フレスタ熊本 西館
電話   :096-355-7288
営業時間 :11:00~21:00
定休日  :無休
Webサイト:http://keika-raumen.co.jp/
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。


おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA