徳島県小松島市

2013年13杯目(今年1回目 通算1回目)

 
この日は久しぶりの徳島県での仕事。もちろん日帰りです。毎回のように淡路SAに寄り、トイレ休憩。そしてこれまた毎回、明石大橋の撮影。

 
いつもながら大きい橋です。よくこんな海に橋を造ったなあと思います。

20130121-01

 
淡路SAにある観覧車です。夜にはライトアップもされてます。この日の同行した子に、観覧車にアンパンマンとプーさんが乗ってたと聞き、写メを見せてもらいましたが確かに乗ってました。。(笑)色々工夫されてるんですね。

20130121-02

トイレ休憩後、長い淡路島を通過し四国へ上陸。お昼過ぎには第一目的地の山間の町、上勝町へ。ここが終了した後は、夜まで3件の仕事が。。。相変わらず空気の良い、上勝町での仕事が終了したのは14時頃。徳島市内へ戻る途中にこちらに寄ってみました。

 

岡本中華

去年に徳島県に訪問したとき、「徳島ラーメン」には白、黒、黄があるという記事を書きました。黒および黄はいわゆる「老舗」で頂きましたが、「白」だけはまだ食べたことがありません。ということで、「徳島ラーメン」のルーツと言われる、白系の老舗にどうしても行きたいと思い訪問。

20130121-03

到着するとお店前に駐車場があり10台ぐらいは停められそうです。またお店向って左側には第二駐車場も。車を停め店内に入ってみると、入ってすぐに大きなテーブル席。右手にはカウンター席もありますね。奥には4人掛けや2人掛けのテーブルも。早速メニューを確認。

 

メニュー

メニューはシンプルです。中華そばに肉を入れるか、玉子を入れるか、もしくは両方入れるかです。後は(小)と(大)。他には「めし」か「寿司」のみ。寿司は他のお客さんが頼んだの見てると巻き寿司や稲荷だったような。。。

20130121-04

今回は中華そば肉玉子入り(小)とめし(小)を注文。待っている時、気になったのがこれ。

 
テーブル席の上のハゲた部分です。いったい何回ここにどんぶりを置けば、ここまでハゲるのでしょうか??

20130121-05

テーブル席はほとんどこんな状態になってたように思います。カウンター席はどうだったか未確認。これは老舗ならではの光景なんでしょうか?こんなのを見ながら、しばし待つ事7、8分で中華そば到着です。

 

中華そば 肉玉子入り(小) 700円

(小)と言えどもまずまず量はあります。どんぶりもテーブルのハゲた部分に寸分狂い無く店員さんは置いてくれました。具材はチャーシュー、ネギ、生卵、海苔といったところ。

20130121-06

 

チャーシュー

小さめにカットされたものが6枚ぐらい。脂身と赤身のバランスもいい感じで、味もしっかり付いてました。

20130121-07

 

麺とスープ

麺は中太ぐらいのストレート。柔らか過ぎるぐらいの食感を想像してましたが、意外にそうでもありません。

20130121-08

スープは豚骨ベースで臭みなどはありません。ちょっと塩気は強めですが、この塩気は醤油?塩??どちらかわかりませんが、醤油なら白い醤油を使ってるのでしょうか。少し甘みのようなものも感じます。

 

生卵

やはりこの生卵は外せません。これを潰すと塩気が少しマイルドになります。また生卵以外に味玉もあります。

20130121-09

 

徳島ラーメンルーツの「白系」

今回食べたのは「徳島ラーメン」のルーツとなる白系。少し塩気はありますがなかなかの印象。

以前食べた「黒系」や「黄系」よりも、個人的にはこれが一番好みのように思いました。入ったのはお昼遅い時間帯ですが、お客は入れ替わり立ち代わり。やはり老舗だけあり人気もあるんですね。

ここのラーメンはまた徳島に行った時、食べたいラーメンだと思いました。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 
お気に入り度:★★★☆☆(3.6)

—————————————————————————
住所   :徳島県小松島市中田町字奥林60-1
電話   :08853-2-0653
営業時間 :[月~水・金~日] 11:00~20:00(売切れ次第終了)
定休日  :木曜日
Webサイト:http://www.okamoto1951.jp/
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。


おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA