2017年インスタント食品16品目

 
今年に入って16品目となるインスタント食品です。2017年になって五ヶ月半ほどですので週イチあるか無いかぐらいのペースですね。しかしほんとにカップラーメンは新しいのがどんどん発売されます。そんな中で今回目を引いたのはこの商品。会社近くにあるセブンでは数日で無くなっていました。

 

一風堂 とんこつまぜそば

株式会社セブン&アイ・ホールディングスおよび有名店店主と共同開発。また「セブンプレミアム」の10周年を記念し、普段お店では味わうことのできない特別なメニューを商品化されたのがこの商品。今回は2商品の販売を開始されましたが、その内のひとつ「一風堂 とんこつまぜそば」です。もうひとつは「すみれ 唐玉味噌」を販売されています。

一風堂にはごくたまに訪問していますが、今回のはお店で味わうことが出来ないというところに惹かれて購入。では早速中身を確認します。

 

小袋は4つで麺は細い

中に同梱されている小袋は4つ。液体だれ、かやく、調味オイル、ふりかけとなっており、麺は一般的なまぜそばよりもずっと細く見えます。ではかやくのみ投入して熱湯を注いで3分で完成です。

 

完成

湯切り後、液体だれを入れ混ぜますが豚骨のタレのため色が白くちゃんと混ざっているのか良くわかりません(笑)とりあえず何度も混ぜ込んだ後、調味オイルとふりかけを投入。調味オイルはマー油のようですが、思った程ニンニク臭は強くありません。ふりかけは乾燥した紅ショウガと胡麻ですね。

では実食しますが、豚骨だれは少し塩気強めで具材は小さくカットされたチャーシューのようなものと木耳、ネギ。調味オイルのマー油はかなり真っ黒で風味が良くなります。麺はまぜそばの割には細く、プッツリした歯切れの良さもありました。

 

これは実店舗でも提供して欲しい

今回食べた一風堂 とんこつまぜそば。まぜそばですが、細めの麺や豚骨だれなど何となく「一風堂」らしい雰囲気を持った一品かと。個人的にはちょっと塩気が強めに感じたので、ご飯などと一緒に食べると良さそうです。ただタレは全く残らないので〆ご飯として食べるのは無理そうですね。しかしもし実店舗でも提供されたら、これは是非食べてみたいなと思えました。(もちろん〆ご飯も)

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

 

製品データ

販売メーカー セブン&アイグループ(製造元:日清食品)
品 名 一風堂 とんこつまぜそば
価 格(税込) 235円
販売開始日 2017年5月8日
調理時間他 熱湯3分 お湯の目安量700ml
エネルギー・食塩相当量 783kcal 食塩相当量7.1g

 

セブンプレミアム 一風堂 とんこつまぜそば カップ164g


 


おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA