京都市山科区

2014年ラーメン132杯目(今年1回目 通算1回目)

 
この日は山科区で2件の予定。二つが終了すると時刻は14時前となっていました。さて、今回はどこでお昼を取るか検索してみると近くにこちらの未訪のお店があったので、行ってみる事にしました。

 

20140630-01
外観を見ているとなかなか雰囲気もあるお店で、結構前からここにあるのでしょうか?その割には暖簾は綺麗な印象で、外観の影響もあるのかこの赤色が良く目立ちます。

時刻は14時数分前。早速店内に入ってみると、先客ゼロの後客ゼロ。入った瞬間誰もいないと思ったら、奥から年配の女性が出て来られました。ではカウンター席に座り、目の前の壁にあるメニューを確認。

 

メニューにはランチもあります

20140630-02
メニューはデフォと思われる醤油と味噌、それらにチャーシューメンもあります。さらに担々麺やネギラーメンも。サイドには餃子や焼豚といった構成です。また、ランチメニューとしてラーメンとおにぎりのセットメニューはありがたいところ。

今回はこの中からランチメニューを注文してみることに。ただこのメニュー、私が注文した後に店主さんがクルッと裏返して見えなくしたので、どうやら14時までのメニューなのかもしれません。

まず最初におにぎりが到着してから、ラーメンの到着です。

 

醤油ラーメン

20140630-03
具材は斜めにカットされたネギ、チャーシューと非常にシンプル。見た目からも京都のクラシカルなラーメンの印象です。

 

小さめにカットされたチャーシュー

20140630-04
小さくカットされたバラ肉で食感も柔らかく、味もしっかりと染みていました。小さめながら枚数は4枚程入っており、価格を考えると十分ではないかと。

 

かなり柔らかい麺とオーソドックスなスープ

20140630-05
麺は中細ぐらいで、茹で加減はかなり柔らかめ。大体想像していた範囲のヤワさでカタメ指定ができるのかはわかりません。

スープは京都のクラシカルな豚骨醤油。何処かで食べた事のある風味ですが、塩気などはそれほど強くなく、旨味が強い気もしますね。

 

しっかりと量のあるおにぎり

20140630-06
おにぎりはまずまず大きめで食べ応えもあります。ゆかりをかけたものと、昆布と椎茸の佃煮が中に入ったものの2つでした。

 

店内の様子

20140630-07
店内はL字型のカウンター席と座敷が3卓ぐらいあったかと。カウンター席には漫画なども置かれていました。

 

色あせたメニューが示すのは

ラーメンはクラシカルな一杯で特別目新しいものでは無いですが、安心できるものでした。また価格はこのご時世でラーメン550円。ランチメニューも700円とかなり高いコスパ。色あせたメニューを見ているとこの価格を何年も続けておられるのでしょう。消費増税など関係なしに一定の価格を保たれているのは凄いことかと。近所に来たら、次は味噌と餃子でも頂こうかと思います。


 

お気に入り度:★★★☆☆(3.4)

 

 

—————————————————————————
住所   :京都市山科区大塚中溝62-5
電話   :075-594-0431
営業時間 :11:30~20:00
定休日  :第1、3、5木曜日
Webサイト:
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。


おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA