らーめん大 京都深草店 - オープン3日目

2017年12月18日京都市伏見区二郎系,らーめん大

 
京都市伏見区

2013年ラーメン213杯目(今年1回目 通算1回目)

 
今回も新店のため、記事は前後してますので、ご了承ください。

 
この日は長岡京での仕事。少し手こずりながらもなんとか終了。ただ、明日以降もちょっと心配かも。。もやもやした気分で会社方面へ。帰り道で遅い昼食を取っても良かったのですが、今日はどうしても行ってみたいお店へ行くことにしました。それがオープンして3日目のこちらです。

 

【広告】

らーめん大 京都深草店

今週の月曜日、18日にオープンしたお店です。まだお祝いの花もたくさん並んでいます。お花がたくさんで一瞬入り口を迷いながら入店。時刻は16時過ぎです。先客ゼロの後客ゼロ。オープン間際とはいえ、この時間なら仕方ないかもしれませんね。男性3人でお店を回されているようです。入ってスグ左手に券売機があるので、そちらでまず券を購入。

20131120-01

 

券売機

「らーめん」の他に「塩らーめん」や、「つけ麺」、「まぜそば」までありました。麺の量は中盛(300)と大盛(不明)。まだ、販売してませんでしたが季節限定ものもあるようです。トッピングは焼豚、極太メンマ、特製味玉、細切れ焼豚、たまねぎ、生卵があり、全部のせの「記念撮影」というものも。(なんで記念撮影?)今回は初訪問なので、オーソドックスにラーメンのボタンをポチッ。

20131120-02

 
券を渡してL字型のカウンター席に着きます。このカウンター席ステンレスのようなピカピカで、目の前の壁の高さはかなり高いです。そしてそこにはこの系列のラーメンにある「呪文」も書かれています。野菜や脂の量などの好みはラーメンが出てくるちょっと前に聞かれました。初めてのお店で盛具合がわからないので、とりあえず「多め」でお願いし、ニンニクは仕事中なので、今回は遠慮。好みを聞かれてスグにラーメン到着。

20131120-09

 

ラーメン(多め)

カウンターの上に丼が置かれるので、立たないと取れません。

20131120-04

 

横から

「多め」だと思ったほどの量ではありませんでした。でも通常のラーメンよりはかなり多いですね。

20131120-05

 
ちなみに「野菜増し」にすると、店員さんいわく、カウンター席の後ろの壁にある写真ぐらいだそうです。(写真はちょっと光って見にくいですが)私には何とか食べられる量かもしれません。

20131120-03

 

チャーシュー

小さめのものが2枚。近所のこの系統と比べるとちょっとチャーシューは少なめ。しかし、トロトロでかなり柔らか。勝手に硬いチャーシューを想像してました。

20131120-06

 

麺とスープ

麺は縮れの入った太麺。かなり食べ応えのある麺ですが、最初はちょっと硬くゴワゴワ感が強かったのですが、時間が経過するとちょうどいい感じになりました。スープは背脂がビッシリ浮いており、ちょっと塩気は強めの印象。野菜が多ければこの塩気もいいかもしれませんが、少ないとちょっと辛いかな?

20131120-07

 

野菜

モヤシがメインですが、キャベツも入ってます。「増し」で壁の写真の量なら、「増し増し」は私には無理そうです。

20131120-08

 

オープン3日目

オープン3日目にしてようやく訪問できたコチラ。店員さんの愛想も良く元気で、ラーメンのほうも量だけでなく味も好み。ニンニクは入れたほうが旨いと思います。何より通し営業なのは大変ありがたい。遅くまで(深夜3時)営業されてるので飲んだあともいいかも。

また、塩らーめんやつけ麺、まぜそばもあり、場所も近いので、再訪は間違いなくしそうな気がします。関東からの出店のようですが、この近辺には「にぼ次朗」や「地球規模」があるのに、あえてこの場所にだされたのでしょうか?でもその中でもやっていけそうなポテンシャルはありそうで、ハマる人はハマりそうなラーメンです。何度か通ってるウチに色々と印象も変わるかもしれませんね。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

お気に入り度:★★★☆☆(3.5)

 

———————————————————-
住所   :京都市伏見区深草野田町17-2 シティーハイツベルジュール103
電話   :075-623-8090
営業時間 :11:00~翌3:00
定休日  :年中無休
Webサイト:http://www.food-ff.com/
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。