中華そば 福門 - やっぱりゆっくり出来るなあ。。

2018年12月23日京都市伏見区福門, こってり

京都市伏見区

2016年ラーメン17杯目(今年2回目 通算34回目)

 
この日は社内で黙々と作業。そちらのメドが少しついたのでお昼を取りに行くことに。ちょっと詰めてやっていたため、ゆっくりと食べたいなあと思ったのでこちらのお店へ向うことにしました。

 

福門

時刻は14時もまわった頃。早速お店に入ってみると先客1名の後客2名。だいたいこの時間帯だと空いてます。今日もゆっくりとテレビでも見ながら食べられるなあと思いながらメニューを確認。

20160108-01
(前回訪問時の外観画像です)

 

定番はずっと変わらず、この日の日替りは。。

定番メニューはここ何年も変わっていないと思います。最近連続して食べた”しょうがらーめん”も気になるところですが、今回は何故か久しぶりに”こってり”が食べたくなったので注文。日替りでお願いすることにしました。日替りだと750円と価格も安めなので、ラーメンのほうは大盛に変更。これでも850円となります。待つこと5分ほどでラーメンが先に到着。

20160121-0120160121-0220160121-03

 

ラーメン(こってり)大盛

大盛りはいつもの白い器で提供。具材はチャーシュー、ネギ、モヤシ、メンマと定番です。

20160121-04

 

チャーシューは赤身部分がやや多め

チャーシューは小さめのサイズのものが3枚。赤身部分がやや多めですが、食感は柔らか。食べ応えはもうひとつですが、価格は安めなので十分かも。

20160121-05

 

麺は柔らかめの茹で加減、スープの風味は”天一”

麺は細麺と通常のものを選択出来ますが、私はいつも通常なので店主さんは注文時に聞いてくれなくなりました(笑)茹で加減は何も指定しなかったので少し柔らかめ。個人的にはもうちょっとカタメが良いので、次は指定しようと思います。スープは久しぶりに食べた”こってり”ですが、やはり以前にも感じたように”天一”の風味がします。こってり加減は天一のほうが上ですが、私にはこのくらいのこってり具合がちょうどいいように思えます。

20160121-06

 

キムチ飯

この日の日替りのキムチ飯です。少し酸味のあるキムチにメンマ?か何かが混ぜられご飯の上に載せられています。辛さはほとんど無いように思います。

20160121-0720160121-08

 

やっぱりゆっくり出来るなあ。。

今回久しぶりに食べた”こってり”。天一の風味がするドロドロ感弱めのスープは私には丁度良い印象でした。この日も先客後客も少なく、テレビを見ながら大きなテーブルで食べられたので、やっぱりゆっくり出来るなあ。。と再認識。お店としてはもっとお客が入ったほうが良いのかと思いますが。。

 
お気に入り度:★★★☆☆(3.6)

—————————————————————————
住所   :京都市伏見区深草西浦町6丁目77番地
電話   :075-642-3358
営業時間 :11:30~15:00 17:00~23:00
定休日  :日曜日
Webサイト:
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。

2018年12月23日京都市伏見区福門, こってり

Posted by masa