万里 - やはりご飯必須の「富山ブラック」

2018年1月6日富山県チャーシューメン,ブラック,万里

 
富山県富山市

2016年ラーメン130杯目(今年1回目 通算1回目)

 
昨晩のうちに新潟県を抜け(しかし新潟県はホントに長い。。)22時半には富山入り。ここで一晩泊まり明日帰路へと向う事にしました。次の日は遅めのチェックアウトでガソリンなどを補充し、帰る前にせっかくなので富山ブラックを食べようと思い、こちらのお店へ開店前に到着。

 

万里

何やら良く聞くハンドルネームのような屋号ですが(笑)、開店の10分程前に到着。待っていると後から同じ様にご夫婦?も車の中で待機。時間になるとお店も開いたので入店。先に夫婦が入られ水をセルフで取られていたので、同じ様に自分も持って着席。

店内はコの字型のカウンター席のみのようで、メニューも壁にあるだけ。メニューは撮りにくい位置に座ったためありませんが、かなりシンプルだったかと。麺はラーメン、チャーシューメンぐらいで(限定の焼きラーメンがあったかな?)ライス、麺追加、土佐丸(海苔と鰹節トッピ?)、生ニンニクだったかと。

今回は土佐丸のトッピングとチャーシューメンのどちらにしようか悩みましたが(両方すればいいのですが価格がかなり高額。。)、結局チャーシューメンを注文。待つ事4分ほどでラーメンの到着です。

20160605-0120160605-02

 

チャーシューメン

チャーシューメンはなんと1200円とかなり高額ですが注文してみました。具材はチャーシュー、ネギとシンプルでメンマは入っていないようです。

20160605-03

 

かなり大振りのチャーシュー

チャーシューはかなりの大きさものが3枚。厚みも割とあるので食べ応えは十分。ホロホロと崩れるぐらいの柔らかさで、崩しながら食べて下さいとお店に掲示されていたかと。ただ、気になったのはやはり塩分。これもかなり塩っぱめの味付けで、ご飯が欲しくなります。

20160605-04

 

麺は太く縮れが入ったタイプ、スープはやはり塩っぱめ

麺は太く縮れが入ったタイプで見ためから強めの食感を想像していたのですが、茹で加減は柔らかめでした。麺追加(替玉?)は200円だったかな?スープは表面に油の層があり真っ黒。香ばしい感じもありますがこれも塩分高めの印象。

20160605-05

 

やはりご飯必須の「富山ブラック」

今回食べたチャーシューメン。前回違う店で食べた時よりも塩分は気にならなかったのですが、それでもスープ、チャーシュー共に塩っぱい印象。やはりこの系統の「富山ブラック」はご飯は必須ですね。後はもうちょっと価格が安ければなあと思います。塩っぱいと思いつつも、富山に来る機会があったら、またどこかのブラックを食べるのでしょうね(笑)

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 
お気に入り度:★★★☆☆(3.3)

—————————————————————————
住所   :富山県富山市上冨居1-3-63
電話   :076-444-1818
営業時間 :[月~土]11:30~15:00 17:30~23:00 [日・祝日]11:30~15:00 17:30~21:00
定休日  :火曜日
Webサイト:
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。