頑固麺 - 看板は「鶏豚骨」ですが

京都市伏見区頑固麺,醤油,替玉

 

京都市伏見区

2016年ラーメン219杯目(今年8回目 通算34回目)

 
この日は久しぶりに社内での作業でしたが、少々面倒なことを行っていました。作業自体は単純なのですが、単純なゆえ退屈で精神的にしんどい。。お昼も過ぎた頃、気分転換もかねて昼食を取りに行くことにしました。向かったのはこちらのお店です。

 

頑固麺

20160725-01
(今年7月訪問時の外観画像です)

前回訪問したのは7月なので約2ヶ月ぶり。時刻は13時過ぎの到着で外待ちは無かったですが、ちょうど満席。こちらでは先に食券を購入して並ぶスタイルなので、券を購入して外の歩道側に並びます。

5分ほど待っていると先客が3名出て行ったので席に着くことに。今回はこのメニューを”食べたい”と思ったので、迷わず券を購入していました。

 

醤油ラーメン

具材はチャーシュー、ネギ、味玉半個、材木型メンマとなっており、この黒いスープが食欲をそそります。

20160921-01

 

かなり大振りなチャーシュー

チャーシューはかなり大振りなものが2枚?(3枚のようにも感じたが気のせいかな)。赤身部分が多めでやや薄めにカットされているので食感は柔らか。また、味付けは濃くありません。サイズが大きいので食べ応えはあります。

20160921-02

 

強い食感の麺、その麺にも負けていない醤油スープ

麺はやや太めで強い食感があります。こちらの鶏豚骨で使用されているものと同じように思えますが、私的にはかなりこの麺は好み。替玉必須です。

20160921-03

スープは濃い色をした醤油ですが、旨みもかなりしっかりとあり油もそこそこ浮いているため物足りなさは感じません。強い食感も麺にも負けていないように思えるスープです。

 

味玉は個体差がありますね

今回の味玉は味が染みてはいますが、半熟具合と形はもうひとつ。やはり個体差はありますね。これも仕込むのは大変なんだろうなあと想像します。

20160921-04

 

モチロン替玉もお願いしました

醤油ラーメンを食べるときは大体必須にしている替玉です。ネギとタレも少々かけられており、しっかりと麺を堪能できました。ただ、ゆで時間が少しかかるので早めに注文するのがベターかと。

20160921-05

 

看板は「鶏豚骨」ですが

今回食べた醤油ラーメン。こちらの看板はもちろん濃厚な「鶏豚骨」ですが、年齢的なものもあるかと思われ、私的にこちらで一番の好みはこの醤油ラーメン。そして2番目は「背脂醤油まぜそば」で、何やら看板商品が後ろの方になってしまい申訳ないような気がしますが、決して鶏豚骨がダメという訳ではなく(煮干し鶏豚骨も好きなんですが)個人の好みの問題かと。若い人は恐らく鶏豚骨の方が好みなのでしょうね。次はまぜそばを食べてしまうと思います(笑)


スポンサーリンク


スポンサーリンク

お気に入り度:★★★★☆(4.0)
伏見のラーメン店データ

このお店の過去の訪問履歴はコチラ
—————————————————————————
住所   :京都市伏見区深草西浦町6丁目62
電話   :075-643-7337
営業時間 :11:00~14:00 18:00〜21:00
定休日  :毎週月火曜日(月曜はMONDAY頑固麺営業もあり)
Webサイト:
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。

京都市伏見区頑固麺,醤油,替玉

Posted by masa