本格手打ちうどん 大河 - これから本番となるひやかけ

本格手打ちうどん 大河 - これから本番となるひやかけ
place & number

京都市伏見区

2018年うどん2杯目(今年1回目 通算77回目)

この日も社内での作業。あまり社内ばかり続くとやはり外に出たくなりますね。今回もキリが良いところで外へ昼食を取りに出ますが、最初は昨日行けなかった一番星でも行こかなと考えていました。しかし大河の前を通ると行列も無く、お店も開いていたのでそのまま前のコインPに駐車。

4月から営業時間を変更され、お昼は元々11時オープンだったのを11時半に。さらに終了時間は14時L.O.だったのが14時半に変更。個人的には14時半までに伸びたこの30分が非常にありがたい。ということで時刻は14時15分頃での入店で、先客6名の後客ゼロと空いていました。

大将がブログの方でひやかけをする旨を書かれていたので、ひやかけがあるのか大将に確認するとありますよとのこと。天ぷらとのセットがあったのでそちらを注文し暫し待つとひやかけの到着です。

 

ひやかけのセット

メインのひやかけの他に、こちらもほぼメインとなる天ぷら、それからご飯(ふりかけ)と恐らく大将が漬けられている胡瓜の漬物。ピンク色のハサミはアスパラをカットするのに使って下さいとのこと(食べにくい場合はカットして下さいということだと思いますが、そのままかぶりつきました)。

 

羅臼昆布といりこのひやかけ

こちらでは始められた当初から好きなひやかけ。昆布といりこの旨味がギュッと詰まった冷たい出汁に、こちらの弾力と伸びのある麺がキュッと締まった感じになり非常に旨い。いつもそうですが今回も出汁は完飲してしまいました。

 

野菜中心の天ぷら

天ぷらは特大サイズのアスパラガスと泉州の水ナス、沖縄の島らっきょうの3種類と野菜中心。いりこの天ぷらもありましたが、これはメニューに書かれていなかったのでサービスなのかもしれません。

アスパラガスのサイズはかなり大きく通常のアスパラでは感じられない食べ応え感アリ。水ナスもしっとりと食感も柔らかで上部のヘタの部分まで柔らかく食べてしまいました。沖縄の島らっきょうは直近で大将が沖縄に行かれていたので現地調達されたのかな?刺激的な風味では無く、火も通って良い食感になっていました。

 

ご飯と漬物

ご飯はふりかけを選択。+100円で玉子かけご飯(名古屋コーチン)にも変更出来たかと。恐らく自家製と思われる辛子キュウリ?の漬物と一緒に食べるとご飯も進みますね。塩は天ぷら用、ネギとショウガの薬味はひやかけ用ですが、うどんを食べている時は生姜は使用しませんでした。ただもったいないので残った出汁を飲み干す時に入れて最後は頂きます。

 

出汁の持ち帰りも出来ます

多分そこそこ前から販売されていたと思われる出汁の持ち帰り。5種類の節と羅臼昆布から作られた出汁ですが、500mlではちょっと少ないでしょうね。。やはり2Lの方が色々と使えそうです。ただ冷凍なので引っ越した私にはちょっと持ち帰れないなあ。。

 

これから本番となるひやかけ

今回食べたひやかけのセット。冷たい出汁ながら旨味はかなりしっかりで、締まったうどんをツルツルと頂くのが非常に旨い。それに合わせて頂く、少し珍しい野菜の天ぷらもサクサク。最近はなかなか訪問出来ていないこちらのお店ですが、やはり個人的にかなり好きなお店です。これから暑い季節がやって来るので、このひやかけも本番となり提供回数もグッと増えるでしょうね。もっと訪問していかないと。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 
 

お気に入り度:★★★★☆(4.2)

 
お店のデータはここをクリック

 

お店のデータ

住所   :京都市伏見区深草西浦町7-45-1
電話   :075-641-4877
営業時間 :平日:11:30〜14:30(L.O.) 18:00〜20:30(L.O.) 土日:11:30〜15:00(L.O.) 18:00〜20:30(L.O.)
定休日  :火曜日・月曜夜
Webサイト:
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。