麺や 紬 - サイド増えてます!ボリュームは学生にも受け入れられそうだが価格は?

麺や 紬 - サイド増えてます!ボリュームは学生にも受け入れられそうだが価格は?
place & number

京都市伏見区

2018年ラーメン120杯目(今年3回目 通算3回目)

この日は週明けで社内での作業。13時近くになったのでお昼を取りに行くことに。最初はオープンしてから一度フラれているMARUSHOに向かったのですが、また閉まっていてフラれることに…しかしお店前に張り紙があったので読んでみると、現在は夜営業のみと書かれていました

ということで諦めて、オーソドックスなのが食べたいと思ったので、次に向かったのはこちらのお店。時刻は13時頃で先客3名の後客2名。券売機を確認するとラーメン自体は変わりませんが、サイドメニューにチャーシュー丼や唐揚げなどが追加。今の時期限定なのかは不明ですが、冷麺も提供されています。

では今回は一番オーソドックスな醤油を買い、チャーシューの(小)も購入。券を渡して待つこと6分ほどでラーメンの到着です。

醤油ラーメン(並)

具材はチャーシューとネギのみという潔さは変わらず。表面には多めの油の層もありなかなか食欲を刺激します。

デフォでも量のあるチャーシュー

チャーシューは大きめのサイズのものが3枚ほど。食感は柔らかめですが、噛み応えもあり個人的には好みのチャーシューかと。一度チャーシューメンを食べましたが、なかなかの食べ応えがありました。

麺はカタメの食感、スープは安心感のあるアキラ系

麺はカタメの食感でしっかりした感じがあるタイプですが、時間が経ってもある程度、食感も残っていたので
元々こういったタイプの麺の様です。スープは安心感のある豚清湯のアキラ系。ほんの少し獣臭もありましたが風味程度。

サイドメニューも頼んでみました

サイドメニューも追加されていましたが、今回はチャーシュー丼を注文。他には唐揚げや唐揚げ丼などもあります。チャーシューはラーメンで使用されているものと同じと思われ量もなかなか多め。少し変わっているのはコチュジャンの様な甘辛いタレがかかっているところでしようか。

サイド増えてます!ボリュームは学生にも受け入れられそうだが価格は?

今回食べた醤油ラーメン(並)とチャーシュー丼(小)。醤油ラーメンは安心感のあるアキラ系のラーメンで、チャーシュー丼は小サイズながら食べ応えもあり、変わった風味もする丼でした。

サイドメニューも増えてなかなか食べ応えもあるものもありますが、唐揚げ丼が500円(確か)とやや高めなので、ボリュームは学生受けしそうですが、価格は少し厳しい面もあるのかもしれません。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

お店のデータはここをクリック
 

 

今回のお気に入り度:★★★☆☆(3.5)

 
お店のデータ

住所   :京都市伏見区竹田久保町2-87
電話   :075-748-7226
営業時間 :11:00~22:00(L.O.21:30)
定休日  :木曜
Webサイト:
※これらの情報は記載時時点のものです。変更されている場合があります。