ばんらい屋 - 昔の食堂の中華そばを思い出す風味

ばんらい屋 - 昔の食堂の中華そばを思い出す風味
place & number

京都市伏見区

2018年ラーメン198杯目(今年19回目 通算82回目)

この日は朝から下京区の方での現場に入ることに。面倒な作業も終わらせて、会社にて急ぎの仕事を消化。滋賀に行く時間も迫っていましたが、駐車場もあり提供も早いこちらに入ることにしました。

今回は醤油を食べることにして、サイズは大でお願いしネギ増しも追加しました。また、大将より「昔風の中華そばちゅーの出来るけど?」と言う提案があったので、どんなんか聞いてみたら、「コショーが多めに入ってるやつ」との返事。取り敢えずお願いして待つこと4分ほどでラーメンの到着です。

 

醤油ラーメン(大)+ネギ増し

大将が「チャーシュー多めにしてもうたわ」と仰っていましたが、そのチャーシューが見えないぐらいのネギ量(笑)具材はチャーシューとネギのみの潔さです。

 

チャーシューもしっかり食べ応えあり

チャーシューはいつもの様にタップリと載っていましたが、大将が多めに入れてしもたと言う様にさらに食べ応えがアップしていました(笑)

 

カタメに茹でられた麺、胡椒が効いたスープ

麺はいつも通りにカタメの茹で加減。この食感も良いのですが、またいつかもう少し柔らかい感じでお願いしてみようかな?また雰囲気も変わりそうな気もしますが試してみないと分からないので。

スープはいつもの醤油にピリッとした胡椒の風味が付加。唐辛子とはまた違う辛味もプラスされこれはこれで良いかも。

 

タップリのシャキッとしたネギ

ネギ増しするとこのくらいどっさりに。シャキッとした食感のネギは醤油スープとも良く合います。味噌や塩でも試したことがありますが、やはり醤油が一番合うかな。

 

昔の食堂の中華そばを思い出す風味

今回食べた昔風の中華そば?。基本は醤油ラーメン+ネギ増しですが、そこにデフォで胡椒を加えることより、確かに昔に食堂などで食べた中華そばの様な雰囲気に変化した気がします。大将も「年配の方が好む」と仰っていたので、そう言えば昔は反射的に胡椒を入れると人も多かったし、デフォで胡椒が振りかけられているところも結構あったかな?胡椒ひとつで昔の食堂の中華そばを思い出しましたが、これほどのネギ増しの店は無かったかな(笑)

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

今回のお気に入り度:4.0

※これらの情報は記載時点のものです。

住所 京都市伏見区深草西浦町8丁目114-1 武一ビル1F
電話 075-645-5557
営業時間 11:00~14:30 18:00〜22:00
日曜:11:00~15:30
定休日 水曜日
Webサイト http://banraiya-kyoto.com/