出来上がりも早い!サッポロ一番 博多純情らーめんShinShin 炊き出し豚骨らーめんを食べてみた(サンヨー食品)

カップ麺サンヨー食品, ShinShin

Place & Number

購入店:ローソン

2019年インスタント食品8品目

今回はカップ麺ネタです。ローソンに入った時に目に付いたので買ってみた商品です。セブンイレブンでも売っていたかと思います。

 

サッポロ一番 博多純情らーめんShinShin 炊き出し豚骨らーめん

2019年4月に発売されたこの商品。正確な日付は分かりませんが、先週ぐらいから店頭に並んでいたように思います。「博多純情らーめんShinShin」店主監修のこちらの商品。「福岡でしか食べられない」などのキャッチフレーズが書かれていますが、こんな感じに書かれると個人的には弱いですね(笑)ShinShinの名前は私でも聞いたことがありますが、実際にお店で食べた事はありません。では中を確認してみます。

 

小袋はひとつだけ

小袋はフタに貼り付けられているものがひとつだけ。中を確認するとネギや木耳、肉の塊のようなものが見えます。ではこれに熱湯を注ぎますが、完成までの時間は普通でも120秒!。超カタ麺で食べる場合は80秒、カタ麺においては90秒と細かく設定されています。ではカタ麺で食べたいので、とりあえず80秒手前でフタを取り、仕上げの小袋を入れ、写真を2枚撮って10秒ぐらいと換算してみました。

 

完成

お店のHPでラーメンの画像を確認するとチャーシュー、ネギ、木耳とシンプルな構成でしたが、こちらもシンプルにネギ、木耳、肉そぼろとなっていました。麺は極細でカタ麺で食べてみましたが、ゴワついた食感がなかなか良い感じに再現されています。スープは臭みが全く無い豚骨で割とあっさり。

 

早い仕上がりと極細麺を再現

今回食べてみたサッポロ一番 博多純情らーめんShinShin 炊き出し豚骨らーめん。超カタ麺だと80秒で完成という(普通でも120秒)とにかく早い仕上がりと極細麺は博多のラーメンを再現されている様に思えます。この手の豚骨は個人的に非常に好きですが、ひとつ残念なのが肉そぼろ。お店の様なチャーシューが食べたかった(カップ麺では無理でしょうけど)。福岡に行く機会があったら、こちらの実店舗には是非行ってみたいですね。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

製品データ

販売メーカー サンヨー食品株式会社
品 名 サッポロ一番 博多純情らーめんShinShin 炊き出し豚骨らーめん
価 格(税込) 205円
販売開始日 2019年4月
調理時間他 熱湯80秒~120秒 お湯の目安量420ml
エネルギー・食塩相当量 443kcal 食塩相当量6.3g

 

カップ麺サンヨー食品, ShinShin

Posted by masa